島田紳介さんから学ぶ、時代に左右されない努力の方法

この記事は4分で読めます

先日、「紳竜の研究」というDVDを見ました。
島田紳介さんが、お笑いの学校でお笑い芸人の卵である生徒さんに向かって、
お笑い芸人としてどのように頑張ればいいか、
という頑張り方について語っている内容でした。

僕はお笑い芸人ではないのですが、
あらゆるジャンルの仕事の方に共通して学べる内容がありましたのでシェアします。

結果=才能×努力

全ての仕事は才能と努力で結果が決まる。
才能は6段階で、0から5まである
努力も0から5まである
才能5の人間が努力5したら、5×5で最高点の結果が出る。
自分が5の努力をしていたと思っていても、
間違った努力をしている可能性がある。

才能が3、4あっても、努力の方法が間違っていて、
1しかしていなかったら、
3,4かけても、3,4にしかならない。

漫才の世界は実力主義です。
なので、年功序列とかはなく、
才能と努力の点数が高い人は、
結果=才能×努力
として、結果が出て大金を稼ぐことができます。

実力主義ということは、結果=実力ということになります。
才能は、天性のものなので、
誰でも結果に直結する行動とは、努力しかありません。

どんな仕事でも同じです。
努力ができない人でも、マインドを変えて、
やる気を出して努力することができます。

努力の方法

阪神タイガースのカケフさんは、寝る前に毎日500回素振りする。
でも、カケフさんが言うには、
プロになったら誰でも500回くらい素振りするものなんです。
それは努力とは言えないレベルです」
努力しているかどうかは、意識の問題。
意味無く500回素振りしたら、腕が太くなるだけ。
皆が500回素振りしているから、自分もやる、
それでは筋トレと一緒。
それでは練習にならない。

意識して、500回のうちの、1回1回を自分でイメージする

  • 向こうにピッチャーがいて
  • それが誰で
  • 何球目で
  • どういう球種をどのスピードで投げてくるのか

というイメージをしっかりして、
1回素振りするを、500回やる人間がいる。
一方、何も考えずに500回素振りする人間は、筋トレをしているに過ぎない。

何も考えずに練習をしても、そこに意識がなければ、やるだけ時間の無駄です。
練習をするそこに理由があるからこそ、練習の成果が出てくるのです。
人は、自分の時間や労力を低く見積もり過ぎていると思います。
人件費を使って雇う人の時間は、コストの意識がはっきりと持てるのに、
自分の時間はタダみたいな感覚があるようです。

例を挙げると、僕は英会話の勉強を、オンライン英会話レッスンで学んでいます。
英会話のレッスンの教材を見ると、目的別に細かくカリキュラムが組まれています。
その英会話レッスンサービスを以前も使った事があるのですが、
以前は目的別のカリキュラムがあまり整っていなかったように思います。

推測ですが、目的を持たずに英会話レッスンを行った結果、
あまり結果がでなかったので、レッスンを辞める人が多かったのではないかと思います。

それで、自分でも英会話ができるようになったという結果を実感しやすいように、
「正しい努力の方法」として、目的にそったカリキュラムに取り組んでもらうことで、

成長を実感させ、顧客満足度が上がり、
継続してレッスンに取り組んでもらおうというサービス企業の思惑で、
親切なカリキュラムになったのだと思います。

スポンサードリンク

効率的な努力で最短で結果を出す

どのような方法で努力をしたら効率的に結果が出せるかを考える。

ボクサーは1日3時間以上練習したらオーバーワークになる。
3時間以上練習したらだめになる。
漫才師と似ている。
漫才師も長時間の練習はだめ。

長時間練習しても、ネタあわせという意味で、上手くなったと思う。
それは、上手くなったのでもなく、面白くなったのでもない。
単に慣れただけ。
慣れてもウケない。
ネタは必要以上の練習はしない。
そんなことよりももっと基本的なことをしなければいけない。

例えば練習方法の一つとして、
笑いは音感。
歌の音痴としゃべりの音痴がいる。
僕は歌を歌おうと思っても全然上手く歌えない。
音が外れていたよといわれても、自覚できない。

しゃべりも一緒。
笑いも音。
話が変わる時に、声のトーンも音程も変える。
下手な人は変える音を探す。
面白い人はその音がブレない。

基本的にはリズム。
公園や稽古場でネタの練習をしている人がいるけれど、
基本的には歩きながらしなければいけない。
人間は、ゆっくり歩くとゆっくりしゃべる。
早歩きすると、早口になる。

歩いているリズムがしゃべるリズムになる。
A君とB君がいるとして、その二人の基本ベースのリズムがどれかを探す。
スピードは4ビートでやるのか8ビートでやるのか、
ジャンルはクラシックなのかロックなのか
まずはそこを決める。

まずは面白いネタをやる必要はない。
ネタっぽい話をどのようにやるのか、スタイルを決める。
どのリズムでやるのかを歩きながらやる。

それが自分たちの中に入るまでやり続ける。
それがまず基本。
それが染み付いたら、次。どうやって面白くしていくか。

※そこ(土台)が決まらないと、その上にいくら面白そうなネタを積み上げていても、
スタイルの一貫性がなければ伝わらない。

効率的とは、要素分解してそれぞれの要素を極めること。

ここで語られていたのが、音について。
漫才は音楽ではないので、音については関係ないと思っていましたが、

  • 話を変えるとき
  • 注目してもらうとき

など、声のトーン、声の音程を変化させることで、
人々の注目を自在に操るのが大事です。

そもそも、漫才が人に注目してもらう仕事だというエンターテイメント業界の
基本の要素が必要とされることを考えれば自ずと分かることです。

  1. まずは舞台やテレビで注目されること
  2. その上で、面白い事をいうこと

です。

まずは注目されなければ、面白い事を言っても、
言った時点で人が見てくれていないので意味がないです。

目先の面白いネタを作る前に、しっかりとした準備が必要で、
その順番が分かってない芸人が多いとのことでした。
これは、どの業界や仕事でも当てはまることではないでしょうか。
その証拠に、本屋にいけばビジネスマナーの基本などの本が
いまだにベストセラーになっています。

僕は仕事で外注先の方から報告を受けるのですが、
仕事自体はしっかりやってくれているのに、
ビジネスマナーができていない方がいます。
そうすると、それだけで、別の人に仕事を頼もうかなという気持ちになります。

なんともったいない事か。
これは、基本がしっかり出来ていないために、
仕事全体の評価点が下がってしまうのです。
基本が大事というのは、この取引先の方から学ばせてもらっています。
その意味で僕の先生であるので感謝していますけどね。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る