ドラクエから学ぶリアル転職で大事なこと

この記事は3分で読めます

「会社を辞めたくて。でもどのように転職したらいいですか?」
という質問をたまに受けるのですが、「ドラクエで転職」をやったことがあるかどうかを聞きます。

なぜドラクエの転職を知ると、実際の転職に活かせるのか

ドラクエ3の転職のルールは以下の通りです。(一部抜粋)

転職のルール

  • 転職はレベル20になってから
  • 転職後はレベルが1になる
  • ステータスは全て転職直前の半分の値になる
  • 一度覚えた呪文は転職後も忘れない
  • 特殊能力は消えてしまう
    (武闘家の会心率アップ/商人の「みる」コマンド・お金を見つける能力/遊び人の特殊行動)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~dqwiz/dq3/jobcs.html

ひとつずつ見ていきましょう。

転職はレベル20になってから

これは実際の転職では、以下のように考えてください。
「転職は、転職先企業の合格レベルに達してから」

ドラクエではレベルが固定化されており、目に見えて分かりやすいが、
実際の転職では自分がレベル20なのか、18なのかは自分では分かりません。
あくまで転職希望企業の面接官が評価するものです。

自分ではレベル35だぜ!と思っても、
面接官にそれが伝わらなければ、レベル15だな。と思われることもあります。
でも、レベル15で合格レベルであれば、採用されます。

もし合格レベルが20であれば、20以上であると評価されなければ当然採用されません。
一方、自分のレベルが35なのに、50くらいに見せる技術を磨く人もいます。
それは採用されやすくなるという点で良いことだし、
実際にレベル35よりもレベル50の方が給料を含めて待遇面が全般的に良いのですが、
それは後で自分の首を自分で締めることになります。

なので、自分のレベルを正しく伝え、そのまま評価してもらうのが望ましいのです。

転職後はレベルが1になる

リアルな転職では1になることはあまりないです。あとで説明します。
レベルは、以下の3つで構成されます。

職業が持つ汎用スキル

ある職業で仕事をしていると、どの業界でも共通するスキルがあります。
営業であれば、相手に売り込むまでのステップや、段取り、交渉術などです。
IT系であれば、プログラミングスキル。仕様書を書くスキル。相手の要望を実際のシステムで実現できる仕様に落とし込むスキルだったりします。

こういうスキルはぜひどんどん身につけていくことをオススメします。
レベルを底上げすることになるからです。

業界特有のスキル

その業界特有のスキルは、どの業界でも存在します。
医療業界、アパレル、不動産、電機機器メーカー、自動車メーカー
などなど、それぞれの中でしか通用しないスキルがあるものです。

もし同じ業界に転職するのであれば、そのスキルを活かせるので、
レベルを下げずらくすることができます。

会社の中特有のスキル

今の会社の中だけでしか通用しないスキルのことです。
仕事を上手く進めるためには、どこの部署の誰さんに根回しをしておいた方が良い。などです。
こういったスキルは他の会社にいけば当然だけど通用しません。

もし、まったく未経験の職業、業界でやり直そうとすれば、
本当に文字通りレベル1(=新卒)と同じレベルで頑張る必要があります。
でも、わざわざそんなイバラの道を歩まなくても良いのではないでしょうか。

なぜレベル1になることはあまりないのか。
転職の採用企業側の立場で考えて欲しいのです。
レベル1の人を採用しようとするのであれば、新卒を採用したほうが、

  • 中途者を採用するよりもコストが安い
  • 体力があるからこき使える
  • 年齢が若いから指示しやすい

というメリットがあります。
なので、わざわざレベルが低い人を中途採用するような企業はないと思うのです。

ステータスは全て転職直前の半分の値になる

新しい会社で働くと、今までの人脈が使えないですし、
仕事のやり方も新しい会社にあわせていく必要があります。
なので、これまでのパフォーマンスそのままを発揮するというのは、難しいです。
しかし、やり方を工夫すればパフォーマンスを上げることも可能です。

これまでの自分のやり方をシステム化し、理解してもらう

誰でも、新しいやり方を受け入れるのは嫌がるものです。
しかし、これをシステム化してしまい個々人の手間をかけないものにできれば、
受け入れてもらいやすくなります。

そうできれば、自分のやり方は新しいより良いやり方として浸透し、仕事もしやすくなります。
結果としてパフォーマンスが上がることになります。

一度覚えた呪文は転職後も忘れない

これはこれまでの社会人経験や、スキルのことです。
転職したからといって、これまでの経験が無くなることはありません。
なので、スキル、経験を活かして仕事をするのが大事です。

特殊能力は消えてしまう

特殊能力というのは、リアルな転職では
職業が持つ汎用スキルの中にある特殊能力になります。
そして、これは転職後の仕事内容により、消えることがあります。

例えば、技能五輪全国大会
これは、普段の仕事の延長線上で、技術力を磨いていく目的で行われているが、
もし転職後に、同様の仕事につかなければ、このような技能を磨く機会に恵まれなくなり、
技能が年を経るうちにだんだんと無くなっていくということがあります。

まとめ

リアルな転職について、ゲームなどからも学べることがあることを知ってください。
これは、ゲームに限らず、映画や小説、マンガなどからも同様に学べます。
そうして、それぞれの世界の中で語られる転職について、
実際のリアルな転職で、自分はどのように行動すればいいのか、作戦を立てれば良いのかを考えます。
転職エージェントの方に、自分では考えずに丸投げをされる方がいると聞きますが、
自分のことなので、全部自分で調査・検討をすることから始めるのをおすすめします。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る