英単語の発音記号を勉強して発音が上達するオンライン辞書 6選

この記事は3分で読めます

英語を必要だと感じる時は?

海外旅行に行った時、現地の人とのコミュニケーションに
苦労した時と答えている人が多いのです。
発音が分からなければ、最悪の場合は筆談をすることになります。
コミュニケーションを取るのに、毎回筆談をするのは手間ですよね。

これは、英語に限らないです。
どんな言語であっても、一番手軽なコミュニケーションは会話です。
そして、会話を成立させるのに必要なのは、

まず聞くこと。

そして話す事です。

優先順位が高いのはもちろん「聞くこと」。
相手の発音を聞いて、
頭で発音と言葉(文字)をイメージして照合できなければ
相手の言っていることが理解できません。

相手の言っていることが理解できて、はじめて自分が発言する。
会話のキャッチボールができるようになるのです。

英語を勉強していて、初めて出会う単語の発音は分からないですよね。
辞書でその単語の発音記号を調べて勉強するのが多いと思います。

昔は本の辞書を使っていましたが、
今ではインターネット上の辞書でも、発音記号まで調べられるものがあります。

紙の辞書ではなく、オンライン辞書をオススメする理由

発音記号と一緒に、発音が聞ける辞書がなぜ大事かという話になりますが、
発音記号を学んで、自分で発音してみても、
その発音が合っているかどうかが分からないのです。

発音記号と共に、発音を確認できる(発音記号と発音を照合できる)のが大事で、
それはオンライン辞書や、紙の辞書に付属しているCD、DVDなどで可能です。

CDやDVDを使ってパソコンで学習する方法もありますが、
手元にあるスマホやタブレット端末で
ネットを使って調べる方法が手軽なのでオススメです。

発音記号自体を学ぶ

発音記号と発音を照合させる際に前提となるのは、
発音記号を見て、どのように発音をするべきかが分かっているということです。

もし、発音記号を見て発音の仕方が分からない場合は、
以下のサイトで発音の仕方を学べます。
基本はこちらでまず学んでください。
http://roundsquaretriangle.web.fc2.com/new/02_01_pronunciation.html

スポンサードリンク

発音記号まで調べられる(聞ける)オンライン辞書

  • Weblio(英和・和英)
    http://ejje.weblio.jp/
    アメリカ英語のみ発音を確認できます。
  • goo辞書
    http://dictionary.goo.ne.jp/ej/
    アメリカ英語のみ発音を確認できます。
  • Oxford Lerner’s Dictionaries
    http://www.oxfordlearnersdictionaries.com/
    アメリカ英語とイギリス英語の両方の発音を確認できます。
  • YOUR DICTIONARY
    http://www.yourdictionary.com/dictionary-definitions/
    アメリカ英語のみ発音を確認できます。
  • The AMERICAN HERITAGE dictionary of the English Language
    https://www.ahdictionary.com/
    アメリカ英語のみ発音を確認できます。
  • Collins
    http://www.collinsdictionary.com/dictionary/english
    アメリカ英語とイギリス英語の両方の発音を確認できます。

以下は、発音記号のみ確認可能

  • サイト名??
    http://lingorado.com/ipa/ja/
    アメリカ英語とイギリス英語の両方の発音記号のみ確認できます。
  • 英語を学ぼう
    http://www.manabo.net/
    アメリカ英語の発音記号のみ確認できます。
  • アルク
    http://www.alc.co.jp/
    アメリカ英語の発音記号のみ確認できます。

発音を調べる際の注意事項

自分で英語を学ぶ際に、アメリカ英語かイギリス英語、
どちらの英語を学ぶのかを事前に決めておいた方が良いです。

そうしないと、アメリカ英語とイギリス英語の発音が混ざり、
相手が聞き取りにくくなってしまいます。

自分がどちらの英語を使う場面が多いか、
または将来希望するかで選択してください。

旅行先で選択してもいいでしょうし、
見たい映画がどちらの国のモノが多いかで選択してもいいと思います。
どちらが正解ということはないですし、好き嫌いで選んでOKです。

まとめ

英語は発音の言語と言われています。
英語圏の子供は、まず発音を徹底的に教えられるそうです。
発音を制する者が英語を制するということです。

発音を学ぶのに、オンライン辞書をオススメしています。
理由としては、発音記号と一緒に、発音が手軽に確認できるためです。
紙の辞書ではなく、オンライン辞書をオススメします。

発音を調べる際の注意事項としては、
アメリカ英語かイギリス英語のどちらかを確認した上で学習してください。
アメリカ英語とイギリス英語では大きく発音が異なることがあるからです。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る