レアジョブ人気講師の探し方

この記事は2分で読めます

レアジョブを再開しました。
英会話は習慣化して継続学習することが大事。
教科書でコツコツと勉強をしたいところですが、
一人で勉強していても、モチベーションが上がらないです。
これは誰でも同じこと。

じゃあ、手っ取り早くモチベーションを上げるには、
やっぱり人気講師ですよね。

先生次第でやる気も出るというもの。

どうせ英会話を学ぶなら、人気講師に限りますよね。
皆も同じはず。

人気講師の選び方

好みは人それぞれですが、以下のポイントで先生探しをしています。
1.まずは講師のチェック

01

予約のポイント

予約は5分前までOK

直前でも予約ができます。
ですが、人気講師は当然予約が埋まりやすいので、
できるだけ時間に余裕を持って先々のスケジュールで予約をしましょう。

先生のライフスタイル(授業可能時間帯)をチェック

先生は10代からいます。
若い先生は学生さんが多いので、夕方以降など、
生徒さんが授業後の時間で対応してもらえる場合が多いです。
一方、20代以降の先生は仕事前後で対応してもらえます。
基本は平日は朝晩ですね。そして土日は朝から晩まで対応してくれる方もいます。

ライフスタイルが自分に近い先生を選ぶと
長くレッスンをしてもらえる先生に出会いやすいです。

先生の年齢から選ぶ

若い先生から年配の先生まで幅広く選択することができます。
下は18歳から、上は50歳まで選択できます。
若いから良いってモノでもなく、
(男性の受講者は若い女性の講師を好む方が多いみたいですが)

年配の先生で英語教育の経験が多い先生がおすすめです。
(おすすめなのですが、人気が無い人もいます。
出会えた方はラッキーです)

学科から選択する

自分の学生時代に学んだ専門に近い学科の人を選ぶと、話が合いやすいかもしれません。
ただ単に英語を学ぶというのではなく、先生と馬が合うかどうかが上達には大事なポイントです。

ここでは、万人の方におすすめの学科をご紹介しますと、

  • 教育系→教育学科(学校の先生のイメージなので、教えるのが上手そう)
  • 医薬系→看護学科(看護師さんのイメージなので優しそう)
  • 社会科学系→コミュニケーション学科(コミュニケーション上手そう)

スポンサードリンク

職業から選択する

自分の仕事に近い職業の先生を選ぶと話が合うかもしれません。
仕事に関する英会話を勉強したい場合におすすめです。
1つの英単語を訳す場合、いくつも意味を持つことがあります。
そのような場合に、適切に意味を把握するには、同じ仕事に就いている人の方が有利です。
僕はできるだけ同じ職業の人を選ぶようにしています。
一番良いのは、自分と同じ職業に就いていて、なおかつ、
過去に英語のトレーナーをしていたか、今副業でトレーナーをしている人です。
同じ職業 × 英語トレーナー
この組み合わせがベストです。(あまりそういう先生はいないですけどね)

教育/トレーナー

英語教育を専門にしている先生の多くが、この職業を選択しています。
英語トレーナーを専門にしている先生と、そうではない先生はすぐに違いが分かります。
見抜くポイントは文法の質問です。
トレーナーの先生は、前置詞の違いなど、細かく丁寧に説明してくれます。
しかし、そうではない先生の場合、文法の違いをごまかされたり、
大して重要ではない、などの回答をしてきます。

英語ネイティブの方は英文法をあまり気にしない方が多いのは事実なのですが、
(どの言語でも同じです。
日本人でも、外国人から文法の質問をされても明確に答えられる方は少ないでしょう。
例えば、東京に行きます。東京へ行きます。の
「に」と「へ」の違いは何かと質問されても、明確には回答しづらいですよね。)

でも、英語を習得する上で、正しい英語を知る(英文法を勉強する)ことはとても大事です。
なので、英語トレーナーの先生に習うことを強く勧めます。

趣味から選択する

自分の趣味に近い先生を選ぶと、フリーカンバセーションで話が弾みそうです。
趣味から検索するのは、ほぼこのためだけと言ってもよいです。
なので、フリーカンバセーション以外の文法やビジネス英語などを勉強する場合は気にしなくても良いです。

まずは色んな先生のレッスンを受けて、自分に合う先生を探してみましょう。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る