苦手な職場の飲み会の攻略方法

この記事は4分で読めます

来週飲み会をするから参加してねー。
と幹事からのお誘いがメールで入りました。

飲み会と聞くと、どうも気乗りしない。
友達同士の飲み会なら楽しいのに、
どうも職場の飲み会は参加したくないと思っていました。
職場の飲み会、どうせ参加するなら、楽しみたいですよね。
職場の飲み会を楽しむ方法をご紹介します。

なぜ職場の飲み会がつまらないのか

話題が仕事の話になりやすい

話題が仕事の話になるのは仕方ないと思います。
そういう話をする人は、普段から仕事のやり方に納得がいっていない場合が多いです。
そういう場合は、しっかりと相手の言い分を聞く会だったと思いましょう。
「仕事の話はしないで」などと言ってしまうと、
敵を作ってしまう可能性がありますので、十分注意してください。

愚痴を聞かされる

愚痴を言う人と、言わない人、これははっきり分かれます。
面白いですよね。
中途半端に言う人というのに会ったことがありません。
愚痴の中身を聞くのは、その人の価値観を知る良いチャンスです。
でも、長々と聞かされるのはあまり面白くないでしょう。
数人を巻き込んで、別の話に切り替えると良いと思います。

説教される

普段の自分の仕事の仕方が悪いのであれば、
それは自分が悪かったことになります。
あきらめて、しっかりと聞きましょう。
そうではなく、人間性の部分について怒られているとしたら、
場合によっては素直に聞きましょう。
でも、もし単にストレス発散のために怒っているなら、
それは聞き流してOKです。
あまり自分を責めないようにしましょう。

上司に気を使う

これは誰でも同じです。自分の上司ですら、さらに上司がいるのですから。
皆誰か上司を持っています。
なので、ここは気を使うことで、
ストレスになってしまわないように気をつけましょう。
上司のご機嫌を取ること自体をゲームにするのはどうでしょうか。
世の中にはいろんな人がいます。
あなたの上司はどんなパターンの人なのか。
そういう人は、どのように話をすれば機嫌が良くなるのかを考えて飲むのは面白いと思います。
人間観察力、そして対人力が鍛えられると思いましょう。

どんな飲み会なら楽しいのか

気を使わず、言いたいことが言える

友達同士、気を使わないで言いたいことが言えるのは、
楽でいいですよね。
そんな飲み会なら、進んで参加したいと思います。
自分の今考えていることや、将来の計画について話すのは楽しいですし、
あっという間に時間が過ぎていくと思います。

腹を割って話せる

本音を話すのには、相手との距離が縮まっていることが前提です。
そんな仲で話す内容は、普段誰にも話せないような
突っ込んだ話が多くなります。
真剣に悩んでいることであったり、
自分の人生を左右するような話も含まれます。
自分が人生の岐路に立った時、
そういう友のアドバイスを聞きたいですし、
逆に相手の話や相談にも乗って、
相手を助けてあげたい、そんな話ができたら良いですね。

スポンサードリンク

飲み会攻略法

仕事であるという認識で行くこと

よく、飲みニケーションというじゃないですか。
飲み会はコミュニケーションの場なんです。
お酒が入ると、少し気が大きくなって、言いたいことを言う人もいますが、
そうなってはいけません。
まずは自分は冷静さを保って、
相手が何を考えているのか、
その言い分をしっかり理解する時間にすると良いです。
そして、本音を推し量って、
その相手が気持ちよく仕事をするには
自分がどう振舞えばよいのかを考えるのです。

相手に、また話したいと思わせること

仕事は誰でもといっては語弊がありますが、
極端な話、誰でもできるのです。
仕事の正確さやスピードには個人差があるのですが、
大体の人については、それほど能力に差はありません。
であれば、あとは好き嫌いで仕事を割り当てられると考えて良いと思います。
まずは、好きになってもらう第一歩として、
面白い話をする人、また話したいと思わせるのが大事です。

最近あった面白い話をいくつか持っていく

家族や友人に話してウケた話をいくつか持っていくのをおすすめします。
「最近どう?」っていう、雲をつかむような質問、よくされませんか?
そんな時に、「最近こんなことがあってね、、」と話せば、
相手に面白がってもらえるチャンスです。

お酒の力を借りて、普段なら話さないお偉いさんに話しかける

役員や重役の方と話をするチャンスもあれば良いです。
そこで、自分を売り込もうとせずに、
普段の趣味や休日の過ごし方など、
仕事と全然関係ない話をしましょう。
偉い人になるほど、その人の「人となり」を見ているものです。
今の時代、一人でできる仕事なんて限られています。
そんな時代にあって、いい人であれば、
周りのチームの調和を合わせてくれると思うんです。
そういう人かどうかは、組織で仕事をする上で重要な点だと思います。

人間関係を改善させようと期待しない

改善しようと思っても、難しいです。
ドラマや映画で、いがみ合っている二人が飲み会で意気投合して、
すっかりわだかまりが消える、なんてことは現実にはあまり無いです。
なので、そんな期待をしない方が良いでしょう。
それよりかは、普段の相手の言い分を聞くのに徹した方が賢明です。
決して、自分は反論をしないこと。
飲み会の場での口論は絶対避けてくださいね。

悪口は絶対に言わない

悪口を言うと、それはお酒で忘れてくれる、
なんて都合のいいことはありません。
けっこう皆覚えているものですよ。
なので、けっして悪口は言わないこと。
もし、悪口を言われるように促されることがあっても、
笑ってごまかしましょう。

飲み会攻略リアル

さて、ここまでは正論を色々述べてきました。
しかし、そんなことではなく、本当に飲み会で嫌な思いをしたくない、
楽しく過ごしたいという方もいると思います。
リアルなその場をやり過ごす方法をご紹介しますね。

最初に座るのは、話やすい人、または、よく知らない人

よく知っている、話しやすい人は楽しいのはもちろんですが、
あまり知らない人もおすすめです。
当たり障りのない会話が中心になると思いますが、
決して嫌な気持ちになるような話をする可能性が低くなるからです。

もし最初に嫌な人の隣になったら、席替えをする

お手洗いに席に立ったり、注文で席を立つついでに、別の席に座りましょう。
そうして席替えをすることで、「よく知っている話やすい人、もしくはあまり知らない人」の隣を狙います。

周りを巻き込む

それでも嫌な人が隣にいる場合は、
好きなテレビ番組や映画の話など、
皆が共通して知っている話をします。
そして、周りの人も巻き込んでいくのです。
そうして、一対一で話すことができれば、
勝手に話をまわしてくれる人が出てくるので、少し楽になります。

嫌いな人が頭が上がらない苦手な人を巻き込む

人間関係はどこまでも繋がっています。
嫌いな人が、苦手とする人がその飲み会に参加していたら、
その人も会話に巻き込むのです。
そうすれば、嫌いな人が嫌なことをしてくる可能性が低くなると思います。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る