あなたにとってのメンターとは?自己成長を加速させるメンターの考え方をご紹介

この記事は2分で読めます

メンターとは

メンタリング(Mentoring)とは、人の育成、指導方法の一つ。指示や命令によらず、メンター(Mentor)と呼ばれる指導者が、対話による気づきと助言による被育成者たるプロテジェ(protégé)ないしメンティー(Mentee)本人と、関係をむすび自発的・自律的な発達を促す方法である。
プロテジェがメンターから指導・支援・保護されるこの関係をメンター制度(メンターせいど)ないしメンターシップ(Mentorship)と呼ぶ。
Wikiの引用

と書いてあります。

こうした説明文を見ると分かりますように、
誰かに頼るのではなく、
自分で進んで成長していくのにサポートしてもらうという意味合いがあるようです。

メンターの役割

メンターは、その人のモチベーションを上げて行動を促す。
その人がよりよい「学び」を得られるようにする人のこと。

これは、よりよい成果を出させるということではありません。
成果は、学びとは全くの別物です。
なんでもかんでも成果を出せばよいとなると、悪どいやり方もありますね。
でも、そんなことをしていては、いずれお客さんは離れていきますし、
職場ではクビになるかもしれません。
そうではなくて、社会の中で自分に与えられた役目を果たし、
自分で、より力を発揮できる(貢献できる)役割を目指していく、
その道の途中で、様々な分岐点があると思います。
その分岐点で、右に行ったら、こうなるし、左に行ったらこうなるよ、
というそれぞれの道先にあるものを示すのがメンターの役割だと思います。

より正確に言うなら、架空のメンターをイメージし、
そのメンターが示すであろう道を想像すること。
それが本質です。

スポンサードリンク

メンターは必要?

さて、メンターとの関係を今一度確認しましょう。
メンターに色々サポートしてもらうという関係は、
自立した状態といえるでしょうか。
僕はそうではないと思います。

メンターが○○してくれなかったから、
自分が今の壁を乗り越えられなかった、
というなら、それはその人の実力です。

メンターはサポーターではないのです。

そう考えると、メンターは必要ともいえますし、必要でないともいえます。
架空のメンターをイメージし、
そのメンターが示すであろう道を想像すること。
とすると、実在のメンターは不要です。

僕にはメンターが複数います。
しかし、実際に面と向かってメンターになってほしいなどと頼んだことはありません。

実際にメンターになって欲しいなどと頼むのはやめましょう。
頼まれた側もどうしていいのか分からないですよね。。。

メンターは勝手に自分で思っていればいいんです。^^

その人なら何て言うだろうか?アドバイスをくれるだろうか?

この場面でその人はどのような行動をするか?

色々考えることで、より自分にとって納得度の高い選択や行動ができます。

メンターは困ったときに必要?

何か困ったときに相談するような印象がありますが、
そうではないです。
常に必要です。

困ったときもそうですが、上手くいっている時もメンターの力が必要でしょう。
自分が常に前向きに行動できるわけではありませんよね。

上手く行っている時は天狗になってしまうものです。
冷静な判断・考えをすることで、物事を前に進めていけます。

あの人ならどんな判断をするだろうか、
どんなことを考慮するだろうか。
そんなことを考えることが大事です。

メンターは嫌な人も入れる

メンターは神様みたいな存在だけではないのです。
嫌な人も入れてもいいです。

大事なのは、本質を突いてくれる人を想定することです。
耳に痛いことであっても、それが将来をはっきりと見通すことができる
ライトの役割を果たしてくれるなら、自分にとっては必要な情報です。

そうした情報をいかに見出すか。
そこには、嫌なことを言うけれど、的を得たことを言う人が必要です。

◎まとめ

  • メンターの役割は、その人を自立させること。
  • メンターは必要ですが、誰かに直接なってもらうものではない。
  • メンターは困ったときだけではなく、上手くいっているときにも必要。
  • メンターは嫌な人も入れる。
お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る