初心者でもできたメンズのレザーブレスレットの作り方

この記事は2分で読めます

先日妻に連れられて、レザーブレスレットを作りに行ってきました。
といっても、アクセサリー作りの教室で作ったのではなく、
自分で材料を買って、自力で作ったんです。
今回は、レザーストラップに天然石(タイガーアイ)を結びつけたものを作りました。

キレイに手作りするコツ

緩めずにキツめに編んでいく。

  • 編み始めと、編み終わりをしっかりと締める。
  • 天然石をレザーストラップに結びつける際、キツめに。

天然石はすき間が空かないように敷き詰める

すき間が空いてしまうことで、見た目がかっこ悪くなってしまいます。

同じ力でビーズに糸を通すこと

力に差があると、均一な編みこみができなくなり、
編み方にムラが出てしまいます。
一定の力で編んでいくことで、統一感のある編み方になります。

今回の材料

  • タイガーアイ40個
  • 本皮紐1m
  • ビーズ用糸2m
  • 針(100円均一店で売っているものでOK)
  • ボタン

材料の多くは手芸屋で買います。
ビーズを通す針については、100円均一店で売っているものでOKです。
ただし、ビーズの穴の大きさに、針が通らなければいけないので、
もし小さめのビーズを使いたい場合は、穴が小さいので手芸屋の針がいいかもしれません。

今回の材料費

1280円

スポンサードリンク

手順

今回は黒皮紐を使います。
紐1mを二つに折って、15cm残したら、2本まとめて片結びします。
ボタンを通して、片結びした場所まで通します。
ボタンのすぐ脇でもうひとつ片結びします。

紐にボタンを通し、片結びをしたところ

紐にボタンを通し、片結びをしたところ

ここで、今回使う天然石、タイガーアイを使います。
IMG_0154

早速ばらしましょう。
IMG_0156
針を使って紐と紐の間にタイガーアイが来るように、結び付けていきます。
IMG_0157
上手く緩めずにキツめに編んでいくのがポイントなのですが、
編んでいく度に、どんどん緩くなっていきます。^^;
ポイントは、3つくらいまで一気に編んでから、
針を使って3つ前の位置から少しずつ締めなおすことです。
こうすれば、しっかりと締め付けながら編んでいくことができます。
IMG_0158
動画で編み方を少し撮影してみました。

タイガーアイの穴に上下2回糸を通すのがポイントです。
糸が短くなってきたら、針を外して上下の紐に通して、
最後に両方の紐をタイガーアイの穴に(キツいですが)通せば、処理は完成です。
そうしたら、また新しい糸を使って続きから作りはじめます。
以上です。
今回は貴和製作所というお店で作りました。
こちらのお店では、わからないところがあったら聞くことができるので助かります。
もし皆さんお近くにお店があったらおススメです。

ブレスレット、完成しました。

結構簡単にできました。今回は初めてだったので2時間(正味1時間くらい)かかりました。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る