お弁当箱で、ご飯のカロリー数をコントロール

この記事は2分で読めます

お弁当箱でご飯のカロリーをコントロールできる

僕は弁当男子なので、毎日会社にお弁当を持参しています。
僕はダイエットをしていて(意識するほどキツいダイエットはしていませんが)、
その強い味方になってくれているのが、「お弁当箱」なんです。
その意味を詳しくお伝えしますね。

弁当箱の容量

カロリーと弁当箱の容量に関係があるんです。
弁当箱を店舗に見に行くと、容量の記載がありますよね。
多くの弁当箱は、上下に2つに分かれているものです。
例えば、「上段250ml下段350ml」などです。

1ml=1kcalが目安です。

なので、下段350mlにご飯をいっぱいに入れたら、
350kcalを摂取したことになります。
これを知っておくと、
お弁当の容量=摂取するご飯のカロリー数
ということになります。
同様に、上段に副菜をいっぱい入れたら、250kcal。
合計で、600kcalを摂取したことになります。

厳密に言えば、入れる食材によって、もちろんカロリー数が異なります。
そして、食材だけでなくて、調理済みの食品を入れるのであれば、
調理に使った油の量や、調味料として加えた
砂糖、ドレッシングなどの内容や量によっても、
もちろんカロリー数が変わります。
なので、あくまで目安として考えてくださいね。

スポンサードリンク

どれくらいの容量の弁当箱にすれば良いのか

目安になるのは、厚生労働省が発表している、
「日本人の食事摂取基準」に記載されている、
推定エネルギー必要量」でしょう。

この記事でも記載しました。

2合のご飯のカロリーは多いの?ダイエットで悩む方必見!

成人男性は2500kcal、
成人女性は2000kcal
を目安にしてみてください。
とすると、一日3食食べるとして、
男性 2500÷3=833kcal
女性 2000÷3=666kcal

となるように食べていく、
そして、食事制限しやすい、容量でコントロールできる
お弁当箱で食事をするのです。

お弁当箱選びのコツ

このように、お弁当箱の容器の容量によって、
カロリー数がコントロールできるため、
異なる容量のお弁当箱を組み合わせることができるのが良いですね。

僕がおすすめするのは、無印良品のお弁当箱です。
容量別にバリエーションの多い弁当箱が
用意されているので選びやすいです。

お弁当作りをもっと効率的に

お弁当作りで大変なのは、おかずの準備ですよね。
おかずの準備には、工夫のしがいがあります。

・事前に作って冷凍しておく
無印良品で売っている、
シリコーン 仕切りカップセット 3色
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247573282?searchno=4
などの容器が活躍します。

お弁当箱のサイズにちょうど
ピッタリと合ったサイズになっているので、
この容器一杯に入れて冷凍保存しておくのです。
安いアルミホイルの容器(使い捨て)もありますが、
こちらの方が何回も使えて環境にやさしいですし、
容器にピッタリ合っているので、無理やり押し込んだりせずに使えるので、
使い勝手が良いのです。

まとめ

一食分の摂取カロリー数を把握し、
そのカロリー数=容量数の弁当箱を見つけ、
その弁当箱で弁当を作る
この流れでまずは取り組んでみてくださいね。
僕は、この方法で平均体重をずっとキープしています。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る