2合のご飯のカロリーは多いの?ダイエットで悩む方必見!

この記事は3分で読めます

日本人ならご飯を日常的に食べていると思います。
1合のご飯で、茶碗2膳炊けます。
なので、2合のご飯では、茶碗4膳。
1膳約150gで534kcal。
2合で1068kcal。
これが2合合計のカロリー数です。

1日3食ご飯を食べている方は、
3食のうち1食が2膳、
残りの2食が1膳食べたとしたら、
1日合計4膳食べていることになります。

この程度の分量は成人であれば食していると思われます。
実際にカロリー数はどの程度でしょうか。
最近、テレビで見るダイエット番組では炭水化物抜きダイエットなどが特集されていることもありますね。

ご飯2合を食べると、カロリー数は多い?

カロリーが多いよね、とか、少ないから大丈夫、
といったご意見を聞きますが、
大事なのは、
「今の自分にとって一日あたり何キロカロリーを摂るべきか」
という必要カロリー数を知ることです。

どうやって必要カロリー数を知るのか

目安になるのは、厚生労働省が発表している、
「日本人の食事摂取基準」に記載されている、
「推定エネルギー必要量」でしょう。

この表は赤ちゃんからお年寄りまで幅広く網羅しているので、
年齢の幅の取り方が広い印象ですが、目安にはできます。

このページをご覧の方が大人以上と勝手に想定させていただき、
表を省略しますと、こんな具合になります。

性別 男性 女性
身体活動レベル 低い ふつう 高い 低い ふつう 高い
18-29(歳) 2,300 2,650 3,050 1,650 1,950 2,200
30-49(歳) 2,300 2,650 3,050 1,750 2,000 2,300
50-69(歳) 2,100 2,450 2,800 1,650 1,900 2,200
70
以上(歳)
1,850 2,200 2,500 1,500 1,750 2,000

自分に必要なカロリー数を詳しく知るには?

詳しく知るには、自分の基礎代謝量を知る必要があります。
基礎代謝とは、特別何も運動していなくても、生命を維持するために、
内臓を動かしたり、呼吸したりすることで消費するカロリーのことです。

最近売っている体重計には、
基礎代謝量を測ることができる機能が付いているものも売っています。
もちろんこういった高機能な体重計を買ってもいいですし、
試しに計測するのであれば、
家電量販店の体重計コーナーに行って計ることができます。
(場合によっては店員さんや、周りの人に自分の体重などがバレてしまいますが。。)

僕は最近デパートのそごうに行って、計るようにしています。
そごう横浜店では、「カラダステーション」というコーナーがありまして、
体成分分析装置 in Body を使って基礎代謝をはじめとした、
各種数値を計測できるんです。
これらの計測は無料でできるので、定期的に計測しています。
https://www.sogo-seibu.jp/yokohama/kakutensublist/?article_seq=9744648

もし横浜近辺にお住まいの方は利用されてもいいと思います。
また、スポーツクラブでは、in Bodyのような、計測装置を置いているところが多いです。
こういった施設を利用されている方も、ぜひ計測してみてください。

何らかの手段で基礎代謝が計測できたとします。
この数値を上回ると太り、下回るとやせる、ということです。
まずはこの目安を覚えておいてくださいね。

そして、色んな運動を日頃行っていくことで、
カロリー消費ができます。
そうすると、基礎代謝に加えて運動によってカロリー消費ができます。
その合計値が一日に消費するカロリーで、
これ以上のカロリーを一日に摂取するかどうかで、
太るかやせるかが決まります

スポンサードリンク

カロリー数だけではなく、栄養の摂取も考える

さきほどから、カロリーカロリー言っていました。
この言葉を聞くだけでも、ダイエットを日常的に行っている方は
嫌な気分になりますよね。
カロリー至上主義になってしまうと、
手に取る飲食物はどうしても、「ゼロキロカロリー」に向かいがちです。
確かにゼロキロカロリーはダイエットをしている人にとっては
夢のような食品であり、これを食べていれば、
少しくらいカロリーが高いケーキなどの菓子類を食べても良いんじゃないか、
という気になりますよね。

確かに計算上はそうなんですが、
そのゼロキロカロリーを摂取したら、
その食品から得られる栄養価はありますか?
ということを自分に聞いてもらいたいのです。
ゼロキロカロリーだからといっても、
食品なんだから、何らかの栄養価があるんじゃないの?
と思われている方は、間違いです。

栄養価=カロリーなんですから。
カロリーが無いって言うことは、栄養価がないということなんです。
なので、栄養価をしっかりとらないと、
結局体は栄養価が足りずに不健康になります。
やせたとしても、
肌荒れだったり、
体調が悪くなったり、
体のあちこちに不調をきたすようになります。
こんな風なダイエットを望みますか?

僕は嫌です。
健康的に肌がいつでもツヤツヤしている、
そんな体でいたいです。
じゃあどうするか。
結局、栄養価のある「ちゃんとした」食事を取っていくと言うことが基本です。
それができている前提で、同じような食材を選ぶ際に、

  • 同等のカロリー数なら、栄養価が高いものを選ぶ
  • 同等の栄養価なら、カロリー数の低いものを選ぶ

ということをしていれば、自然と健康になるし、太らなくなっていきます。
そして、やせるというより、健康的な体型になっていきます。

上記の内容をしっかり読んでいただき、
まずは正しいダイエットのための考え方をしてください。
そして、安易にゼロキロカロリーの食品には手を出さないでくださいね。
ゼロキロカロリーには、特におやつ系の食品に多いのですが、
アスパルテームなどの人体に有害な材料が使われているものが多いので、
出来れば摂取しないようにしてください。
代わりに、カロリーがあっても、
体に有益な食材が使われているものを食べましょう。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る