乗り降りや立ち位置を解説!エレベーターでの社会人マナー

この記事は3分で読めます

今年から社会人デビューした友人から相談されたのですが、
上司からエレベーターマナーがなっていないと言われたとのことです。
社会人にとって、ビジネスマナーは学生時代に
就職活動をする時にちょこっと勉強する程度で、
就職してから失敗して怒られながら
身に付けていくものだと思います。
でも、実際は怒られる前にスマートにマスターしておきたいですね。
ここで分かりやすくお伝えしますので、
新社会人の皆さんも、
これから就職活動する皆さんも
しっかり予習しておきましょう。

エレベーターマナーの基本

ここでは、あなたが一番下の役職として説明しますね。

乗る前の待つ位置

あなた→お客様→自社の偉い順
に待ちます。待つ位置は、エレベーター脇です。
※エレベーター正面で待っていると、
エレベーターが開いて降りる人が
降りずらいので、脇で待ちましょう。

乗るとき

お客様→自社の偉い順→あなた
この順番を守ってください。
最後にあなたが入ります。
僕が新入社員だった頃、僕が先に入って、
操作盤で「開く」ボタンを押していて、
全員乗るのを待っていたことがありました。
後で上司に怒られたのですが、
マナー上は先に乗るのはNGです。

エレベーター内での立ち位置

操作盤の数にもよって変わってきます。
分かりずらいので図解しますね。

操作盤1つの場合

操作盤一つの場合は、操作盤の前に立ちます

操作盤一つの場合は、操作盤の前に立ちます

操作盤2つの場合

操作盤二つの場合は、右側の操作盤の前に立ちます

操作盤二つの場合は、右側の操作盤の前に立ちます

降りるとき

お客様→自社の偉い順→あなた
の順になります。
これは直感でも間違えない場合が多いので
大丈夫だと思います。

降りた後はどうするの?
という質問が出そうなのでお答えしておきますと、
降りた後は、ドアまでダッシュして、
先回りしてドアを開け、
皆を室内へ通します。

スポンサードリンク

相手をもてなし、気持ちよく過ごしてもらうこと

なぜこんなに、面倒くさいマナーについて勉強するのかというと、
相手をもてなし、気持ちよく過ごしてもらうことを考えてのことです。
ビジネスの取引相手に対して、
相手に魅力的なビジネス上の条件提示をしていれば、
常に自分が取引相手に選ばれるかといえば、
当たり前ですが、そうではありません。
相手は人間です。
もし、無礼極まりない相手であれば、
いくら条件が良くても、お断りすることもあるのです。
そういったことを考えて突き詰めると、
相手に失礼が無いようにする=ビジネスマナーで対応する、
ということになります。
けれども、これも程度問題ということです。
そのマナーに対して気をつけ過ぎるあまり、
マナーどおりに振舞おうにも振舞いずらい場合もあります。
そんな時に、逆に失礼な行動をしてしまうことは避けなければいけません。
あくまでマナーであり、できる範囲で実行できればいいのです。

例えば、こんな場合どうしますか。
特に正解は無いのですが、僕なりに考えたマナーです。

エレベーターに乗り切らない場合

自分以外にお客様5人、上司1人、自分がエレベーターに乗りたい場合で、
エレベーターが4人しか乗れない場合などです。
その場合は、先にお客様4人を乗せ、
降車階を伝えて自分で押し、
先に向かわせます。
後で自分たちが乗り、降車階で合流します。

会議室への移動にエレベーターに乗ろうにも満員が続いて乗り切らない場合

もし会議開始が5分後など迫っていた場合は、階段で移動してもらいます。
エレベーターではなく階段なんて!と思われるかもしれませんが、優先順位が大事です。エレベーターに乗れても、会議に遅刻しては元も子もありません。

優先順位をいかに決められるか

これらのことから分かりますように、優先順位が何よりも大事です。
勘違いして欲しくないのは、誰にとっての優先順位か、ということです。
もちろん、お客様にとっての優先順位ですよね。

お客様がビジネスの目的を達成するために必要なことをしっかりと考え、
それらが達成されることが前提で、
余裕があれば、マナーに沿った行動をすればいいのです。
全てに例外はつきものなので、
あまり気にし過ぎずに考えてみてくださいね。
機転を利かせた行動ができるかどうかも大事です。

例えば、高層ビルからの眺めが好きなお客様がいるとします。
その方にとっては、上座よりも、下座の方が
エレベーターが昇る間の眺望が良ければ、下座を譲ると喜ばれますよね。
でも、マナーどおりで対応すれば、そのやり方は間違い、ということになります。

エレベーターについての過去の失敗談

僕は昔むかし勤めていた会社で役員さんの頭を
縦方向に挟んでしまったことがあります。
けっこう満員に近い人数が既に乗っていて、
最上階まで向かう途中だったのですが、
その役員さんが途中で乗ってこられたんですね。
体を横向きにして入ってこられたので、
操作盤にいた私は「開く」を押さなきゃ、と思っていたのに、
実際に押していたのは「閉じる」ボタンでした。
閉じて一回挟んだのですが、
そこで慌てて「開く」ボタンだと思い込んでいた閉じるボタンを連打。
結局計2回挟むことに。
開くと閉じるボタンの押し間違えには気をつけてくださいね。

ここに書いてあることを覚えておけば、
まずエレベーターで失敗することはないと思います。
社会人生活をスマートに送ってくださいね。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る