知らない人は損している!フリーソフトで画像加工をして、透過画像を作るコツ

この記事は1分で読めます

色々ソフトもありますが、僕が今使っているソフトは使いやすいので、
こちらのソフトで方法をご紹介します。

手軽に透過png

こちらのソフトはインストーラーなしの単体のソフトもありますので、
不要になったら、アンインストーラーなしで削除できるので気軽に使うことができます。

image2995 - コピー (2)今回はこの画像を使います。
他のサイトでこのソフトを使った透過画像の作り方が掲載されていましたが、
そのサイトでは、透過画像を作りやすいように、画像に影がないものでした。
今回ご紹介するのは、影がある画像になります。
では早速透過画像を作っていきましょう。

スポンサードリンク

ファイルを読み込み

image3006

ファイルの読み込みをしたら、色選択モードで一気に背景色を消していきます。
rect3022この「色選択モード」をクリックして、背景色をクリックします。
image3032そうすると、影がある部分周辺が上手く透明化できずに残ってしまっています。
ネット上で「上手く切り抜きできない」とおっしゃっている方は、この部分の処理に苦労しているようでした。
一発で上手くこの影の部分の処理ができないので、ここからは地道な作業になります。
まず、この画像を拡大表示させ、
影で無い部分を透明化していきます。

まずは画像拡大して、
image3043先ほど使った「色選択モード」をそのまま使って、
ふちの辺りの「影でない」白い背景部分をクリックしていきます。
白背景だけを狙ってクリックし続けていくと、
だいぶ白背景が透過できつつあります。
image3065もう一息。もう少し頑張っていくと、
image3076
このように、だいぶすっきりと透過できました。これ以上削っていくと、影の部分がなくなってしまいます。
それで、これを保存して、ブラウザで開いてみます。
image3150完璧とはいかないですが、ぱっと見た印象、まぁまぁの出来ではないでしょうか。
このように、有料ソフトを使わなくても、簡単な透過画像は作れます。
ご自身のブログや、ウェブサイトで使う画像については、このようなソフトは重宝されるでしょう。
ぜひ、透過画像作成をしてみてください。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る