IE用のおすすめフォント

この記事は3分で読めます

IE(internet explorer)で、
Webページで使用されるフォントを見てみましょう。
すると、以下のフォントが設定できることが分かります。

Batang BatangChe Dotum
DotumChe Gulim GulimChe
Gungsuh GungsuhChe jpn_boot
Lucida Sans Unicode Malgun Gothic Microsoft JhengHei
Microsoft Sans Serif Microsoft YaHei MingLiU
MingLiU_HKSCS MingLiU_HKSCS-ExtB MingLiU-ExtB
MS PGothic MS Pゴシック MS P明朝
NSimSun PMingLiU PMingLiU-ExtB
Segoe UI SimSun SimSun-ExtB
Tahoma メイリオ

があります。
Webページ上のフォントに留まらず、
テキスト形式フォントも設定することができます。
これにも希望のフォントを設定可能です。

どのようにフォントを選べばいいのか。
フォントを選ぶポイントは、「見易さ、読みやすさ」で選ぶことです。

スポンサードリンク

日本語の場合

1.フォントの種類で変わる

フォントの種類によって、読みやすさが異なります。
例えば、ゴシック体のフォントはインパクトが強いのですが、
その分、ゴシック体でずっと長文を読もうとすると目が疲れてくる印象があります。
一方、明朝体やセリフ体といったフォントであれば、スラスラと読み進める事ができます。

ゴシック体よりも明朝体の方が読みやすい

ゴシック体よりも明朝体の方が読みやすい

2.同じフォントでも、フォントの太さによって変わる

太いフォントよりも、細いフォントの方が、
長文を読むのに疲れにくいので適しているといわれています。
先ほど例に挙げた明朝体でも、
太い場合と細い場合で随分と読みやすさが異なると思います。

太い明朝体よりも、細い明朝体の方が読みやすい

太い明朝体よりも、細い明朝体の方が読みやすい

具体的に何を設定するのか?

以上の点を踏まえるて、おすすめのフォントは以下になります。

ゴシック体

メイリオ(※1)

(※1:游ゴシック体もおすすめですが、Windows8.1以降のみ対応なので、ここでは取り上げません)

メイリオは読みやすいです。僕もブラウザのフォント設定で利用しています。

メイリオは読みやすいです。僕もブラウザのフォント設定で利用しています。

明朝体

明朝体:MS明朝(※2)

(※2:※1と同様の理由ですが、Windows8.1以降のOSをご利用なら、游明朝もおすすめです。)

になります。

MS明朝は小説など長文を読む際におすすめです。

MS明朝は小説など長文を読む際におすすめです。

僕自身がWindowsユーザーなので、Windowsユーザー向けのみのご紹介になります。

有料のフォントなどを購入すると、「新ゴ」など、より良いものもありますが、
まずは無料で設定できるフォントで読みやすさを向上させてみてはいかがでしょうか。

英語の場合

英語のフォント設定も、日本語のフォント設定と同じ考えでOKです。

1.フォントの種類で変わる

英語のフォント設定の場合は、日本語でいうところの、
ゴシック体が、サンセリフ体
明朝体がセリフ体
になります。

サンセリフ体よりも、セリフ体の方が読みやすいです。

サンセリフ体よりも、セリフ体の方が読みやすいです。

2.同じフォントでも、フォントの太さによって変わる

こちらも日本語の考えと同様。
太いセリフ体よりも、細いセリフ体の方が断然見やすいです。

太いセリフ体よりも細いセリフ体の方が見やすいです。

太いセリフ体よりも細いセリフ体の方が見やすいです。

具体的に何を設定するのか?

以上の点を踏まえると、

サンセリフ体

Segoe UI、Tahomaなどのフォント
アルファベットのフォントは、日本語よりも小さめに表示されることがありますが、
これらは、日本語と混ぜ合わせて使っても違和感がそれほどでません。

対照的に、「Corbel」と「Calibri」などは字体は良いのですが、
日本語と混ぜ合わせると多少小さめの表示になってしまいます。
(この2つのフォントについては、英文のみで構成される文章には適しています。)

セリフ体

Times New Roman

Times New Romanがおすすめです。

Times New Romanがおすすめです。

※Cambria や Palatinoもおすすめですが、バージョンによって搭載されていない可能性があります。
ご自身のPCのフォントをご確認ください。

斜体や太字への対応

今回は触れていませんが、斜体や太字へ対応されているフォント、
されていないフォントがあります。
もちろん、これらに対応していると、より良いフォントになります。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る