怠け者を改善させるためのポイント

この記事は2分で読めます

自分は怠け者だけれど、どう改善したらいいのかと思っても、
なかなか思いつきませんよね。
改善できなくて皆悩んでいるんですから。

ここでは、分かりやすいように、
テレビで放送されているダイエット番組を例に挙げて説明しますね。

芸能人や一般人が、その後のリバウンドはさておき、
ほぼ100%成功することになっています。
なぜ皆成功するのか?を考えてみました。

1.周りの目がある

テレビの向こうで多くの観客が見ていることが、成功に必要なプレッシャーになっています。

観客が見ている→後には引けない状態を観客が作り出してくれている
→絶対成功しなくては番組が成立しない
(自分に対する期待や依頼にこたえられない)。

しかも、その失敗を世間にさらすことになる
→それは避けたい。やるしかない。
ということです。

だから、同じ人が、観客が全くいない場でダイエットに取り組んだとしても、
同じように成功はできないでしょうね。
成功するには、周りの目がない分、自分の強い意志が必要になります。
自分の力だけで成功できる人であれば、
そもそも今現在太っていないのでは、という話です。

スポンサードリンク

2.短期間の時間制限がある

ダイエットに1ヶ月、2ヶ月という期間が設定されているから、やらざるを得ないのです。
これが1年とか2年とかだったら、「明日から病(※)」行動を取りがちです。

※明日から病とは:
僕が勝手に命名した病ですが、
ダイエットいつからやるの?という問いに対して、
「明日からでしょ!」と、ついつい自分の課題の実行を後回しにしてしまうことをいいます。

そして、この「明日」は永遠に来ないという特徴があります。
明日になったら、明後日からやればいいとなり、いつになっても、その翌日に後回し。
気づいたら何年もやっていないという状態になります。
気をつけましょう。

というわけで、直近の短期間でやるということは、
「今」やらなければいけないということになります。
強制的に行動を取ることで、成功への道を一歩一歩進むことができます。

これは、何もダイエットだけに限りません。
分かりやすいテレビの例を挙げますと、
年末年始にやる、「隠し芸大会」があります。
あれも、忙しい芸能人が日々の仕事の合間を縫って、
短期間で芸を身につけるというものですよね。

3.成功や失敗が世間に広まる範囲やスピードが速い

世間の目は誰しも気になるもの。
もし失敗してしまったら、あっという間に世間に知られてしまいます。

プレッシャーの大きさ=世間に広まる範囲×広まるスピード

が大きければ大きいほど、プレッシャーの感じる度合いが大きくなります。

もし、テレビではなく、視聴者が少ないUstreamやYoutubeの個人チャンネルであれば、
やる気がその分下がります。

これらの要素が強いほど、自分を追い込んで、結果成功する確率が高まるものです。
でも、この記事を読んでくださっている方で、テレビに出演されている方は少ないと思います。

一般人は、いかにして、自分でこのような環境に身をおけるか、
または、そのように錯覚して、行動できるかが、重要な鍵になります。

ぜひ、今日から取り組んでみてくださいね。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る