20代前半の貯金の平均はいくら?貯金について考えた

この記事は2分で読めます

貯金出来ている人、出来ていない人、色んな人がいます

これは20代前半に限ったことではないのですが、貯金に対する意識の差でしょうか。
ネット上で声をかけて聞いてみました。
24歳で貯金70万円の人もいれば、
数万円の人もいるし、
300万円ほど貯めたという人もいました。

統計的なデータとして出せるサンプル数が集まらなかったし、
既存の統計データも見つからなかったので、平均額は分かりませんでした。
しかし、このサンプルだけで考えると、平均は123万円となりました。
(統計データとしてはもっとサンプル数を集める必要があります。)

少ない方は、何に使っているか分からない(飲み代に消えている?)方もいましたが、意識して自分の勉強のために学校に通っている人もいました(偉い!)
多く貯めている方は、「将来のため」という方がいましたが、
具体的にどういう将来のためか、は聞いても答えが返ってきませんでした。

漠然と将来に不安があって、そのための保険という意味合いでしょうか。
個人的には、お金は使うためにありますが、適度に貯金をして、
ある程度のお金は自分の勉強のために、使ったほうが良いのでは、と思います。

必要な貯金の量は人それぞれ

それは、その人がどれだけ単位時間あたりに稼げるか、
そして、どれだけ支出を減らすことができるか、
という能力によります。

いくら稼げる能力があるか

もし、年収が1億円の人がいれば、大概の買い物に困ることはないでしょうし、
生活をする上でお金の心配をする必要は無いです。

支出するお金がどれだけ少ないか

例えが悪いですが、引きこもりで実家にこもっている人は、
親に頼って、衣食住に困ら無い人もいます。

そういう人は、収入がなくても自分の生死には関係ない状態です。
また、自給自足で生活している人は、衣食住という点では、
お金には縁のない人だと思います。

ただ、人に協力してもらわず、自分の生活以上の活動をしたいと思わない範囲で生活している場合に限ります。

もし、そのような活動をしたいと思ったら、お金は必要になりますね。

スポンサードリンク

貯金の金額が多い方が良い人

貯金が多くないと心配な人がいます。
僕もこのタイプです。貯金があれば、安心して行動できる。焦りも無い。
このタイプは、必要なお金を、必要なタイミングで、自分で稼げる能力が低いと自分で思っている人です。

急にある程度のお金が必要になったとしても、
そのタイミングで十分なお金を稼げると思っていないので、
いざというときの為に、「保険」の意味でお金を貯めておきたいと考えています。

貯金の金額が少なくても大丈夫な人

貯金を使い果たすと、生きていくのに稼がなければいけないので、
自分に「良い刺激」としてプレッシャーがかかり、
仕事に張りが出るという方がいます。

僕の友人に一人だけ、貯金がなく、給料を全部使い切る人がいます。
将来の不安がないのかと聞いてみましたが、
「お金は使うためにある」「使って自分に投資している」と言っていました。
聞いてみると、常に自分が必要な金額を稼ぐ自信があるとのこと。

いくつもの職業を経験してきているので、何かを売って稼ぐ力に自信があるらしいです。様々な経験をしてきたからこそ、商売のことを知っているからでてくる自信かも。
そういう方は、貯金が少なくてもやっていけるでしょう。

しかし、倒れて入院などという事になった場合、
そこにかかる費用分くらいは確保しておいた方が安心かと思います。

インフレやデフレなど、経済の動向により、お金の価値が変わる

インフレやデフレなどによって、持っている資産の金額は変わらずとも、
他の通貨と比べた時に、相対的に、自分の持つ資産の価値が変わっています。
1ドルいくら、と毎日ニュースで為替の情報が流れていますよね。

例えば、1万円貯金していた場合に、その日に交換できる外貨の量は、相場によって決まっています。
なので、仮に100万円貯金できた。もう安心だ。
と思っても、インフレによって、円の価値が下がってしまったら、
貯金した当時100万円で買えたものが、
極端な話、インフレ後は、200万円出さないと買えなくなる可能性があります。

なので、用心するのであれば、日本円以外に、アメリカドルなど、別の通貨で貯金するのがいいと言われています。

まとめ

以下のように考えました。
・自分の性格から、仕事や勉強に張り合いを出すのに、貯金をした方がいいか、しない方がいいかを決める。
・万が一の保険の意味合いで、どちらにしても、多少の貯金をしておくべき。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る