ヒップホップダンスのステージ衣装の選び方で押さえるべき2つのポイント

この記事は3分で読めます

出演者が、自分たちで衣装選びをするのは結構悩みますよね。
ポイントは次の2つです。

  • ヒップホップダンスに合う衣装を選ぶ
  • チームとしての統一感を出す

では、それぞれ見ていきましょう。

ヒップホップダンスに合う衣装

基本ダボダボです。 ハッキリと体の各パーツを大きく動かすことが多いので、 タイトな衣装だと動きづらいです。

トップス

ダボダボのTシャツ、タンクトップ等がよく見られます。 具体的なブランドなどは好みが分かれるでしょうが、 オススメなのは、 ・アメリカのプロバスケットボールチームのユニフォーム と、ダボダボの無地のTシャツの組み合わせ

アクセサリ

ダンス中に当たって怪我の原因になりますので、しない方がいいです。 特に金属類はNGです。するとしたら、布製のものが良いでしょう。

リストバンド

ステージでは、汗拭きには使わないと思いますが、 ファッションとして取り入れやすいと思うのでお勧めです。

バンダナ

僕は秋葉原によく通っているので見かけるのですが、 れっきとしたオシャレアイテムですよ。 バンダナをジーパンやチノパンの右足や左足だけ、 くいっと持ち上げて、 バンダナで縛ると、かっこよく決まると思います。

ボトム

ダボダボのジーパンやチノパン、スエットが多いです。 気をつけたい点として、ジーパンやチノパンで、裾をロールアップしている人がいますが、ステージで踊っている最中に、折っていたものがだんだんと、 元に戻って長くなってしまうことがあります。 自分のズボンを自分で踏んで転ぶこともありますので、 (しかも恥ずかしい) ロールアップする際は、必ずピンで固定するようにしてください。

帽子

キャップが多いです。 僕はよく分からないですが、キャップを購入するときに、張ってあるシールを剥がさずに、そのままにしておくのがポイントらしいです。

スポンサードリンク

チームとしての統一感を出す

ステージ映えする衣装とは 原色に近く、コントラストが良い色味の衣装が良いです。 その上で、 『チームで統一感を出す』のが大事です。 色味を揃えるという意味です。 ヒップホップは、他のダンスに比べて、 人に魅せる要素が強いダンスです。 ショーダンスとも言われます。 ユニゾンといって、みんなで同じ振り付けを行う部分があるので、 ここで衣装の統一感が出ていると、見栄えがします。 そして、ダンスを踊る人は皆目立ちたがりであると思うので、 皆とは違う自分だけのオシャレをしたい方が多いです。 そこで、先ほどの『統一感』を損なわない程度に、 微妙な違いで個性を出します。 例えば、『白』が統一色だったら、 ある人はTシャツを白にしたり、 別の人はタンクトップが白だったり、 別の人は帽子が白だったり。 ジャケットが白だったり。 そういう形で、全体が白をベースにしていながらも、全部を統一させるのではなく、部分的に統一させます。 AKB48の衣装を見ると参考になると思います。 ほとんど同じに見えて、少しずつ衣装が違いますから。 さて、ここまで衣装について考えてきましたが、 ビジネスにおける『統一感』について考えてみます。

統一感の考え方をビジネスに役立てる

統一感はブランドイメージの安定化?

統一感を出すことで、そのチームのイメージが決まります。 分かり易いのは制服です。 企業では、制服を採用しているところも多いです。 例えば銀行とか。ファミレスとか。 そういうところでは、制服を着ることで、 社員個々人の個性よりも、 集団を優先するように意識を向けていると思われます。 集団として行動することで、社内のルールを徹底させやすくなるし、 顧客に対しても、一定水準のサービス提供を行うことができると思います。

統一感から、個々の個性の時代へ

ここで、統一感を出してブランドイメージを安定化させたとしましょう。 そうすると、当たり前ですが、社員はそれ以上のことをしようとしないし、実際にできません。 気の利いたこと、をするのは、社内のルールに反し、 例外の対応を生むことで、顧客からの要求水準が高まり、対応に困ることになります。 なので、「もっとこうしたらいいと思いますが」という提案は 社内で後ろ向きに検討され 結局不採用になります。 そんな中、気の利いたことを勝手にやることを推奨している会社もあります。そういう気の利いたことをしてもらうと、顧客は感動し、リピーターになります。 そこには、個々人の工夫が必要です。 マニュアルにない、ルールにない、独自の工夫を出せるだけのスキルと行動力が必要になります。 そここそが、他社との差別化になると思います。 例えば、リッツカールトンでは、顧客の担当者に、独自の裁量でお客へのもてなしサービスを予算の範囲内で勝手にやってよいというルールがあるようです。 友人は、結婚記念日に宿泊した際に、記念のぬいぐるみが部屋に用意されていて、嬉しかったと言っていました。 頼んでいないのに、そんなサプライズがあるなんて、素敵ですよね。 ディズニーランドでは、3.11の震災の際、 スタッフが自らの判断で、園内の顧客に対して、 お土産用のクッキーや、毛布を無料で提供したそうです。 子供には不安な気持ちを抑えるために、ぬいぐるみも提供したのです。 日頃から訓練していたということなので、ディズニーランドの側は当たり前のことだと思いますが、顧客からしてみたら、予想外に嬉しいことで、 ニュースにも大々的に取り上げられていました。 そういった、「予想外」のサプライズが提供できるかどうか、 そこが、他社との差別化の重要なポイントになると思います。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る