七五三の写真を撮るスタジオ選びのポイント。男の子女の子問わず必見!

この記事は2分で読めます

わが子の七五三の写真撮影をどうするか。

スタジオ撮影、
自分で撮影
の2つ選択肢としてあると思います。
自分で撮影して安く済ませる方がいる一方で、
お金をかけてスタジオで撮影する、という選択をする方もいます。
なぜ、わざわざスタジオで写真を撮るのでしょうか。

わざわざスタジオに行く理由

自分よりも腕が良いプロカメラマンに、
わが子の成長記録として写真を撮ってもらい、大事に残したい。
ということだと思います。
でも、どんなスタジオを選んだらよいのか分かりませんよね。
スタジオ選びについて考えてみました。ご参考になれば幸いです。

スタジオの選び方

子供が撮影されて楽しいスタジオ

撮影されている子供は、緊張もするし、あまり楽しくないと思います。
できるなら早く撮影から解放されて遊びたい!そう思っているはずです。
某有名スタジオでは、ディズニーとのコラボレーションなどをすることで、
子供に興味を持ってもらう工夫をしていますし、
スタジオ内をおもちゃで溢れさせて、楽しんでもらう工夫は各社行っています。

親として、納得がいくレベルの写真を撮ってくれるスタジオ

写真スタジオは沢山あり、どこでも、
それなりに、まぁまぁ良い写真を撮ってくれます。
良い写真とは、良い笑顔、自然な笑顔の写真です。
カメラマンの腕がよければ、また撮影したいと思うのです。
デジカメなんて皆持っているので、
「わざわざ」写真を取りに行くのって、
素人の自分が撮った写真とは「明らかに」レベルが違う写真を撮ってくれる、
そこに価値があると思います。

大手の写真スタジオは、
デジカメの持ち込みが禁止されていたり、
写真撮影はNGだけど動画はOKのようなルールがあるようです。
ということは、それほどクオリティに自信が無いということも言えると思います。

一方で、とある撮影スタジオは、
予約が半年先まで埋まっていて、
直近の予約は不可能というお店もあります。

このスタジオでは、デジカメ持ち込んで、写真撮ってもOKなのです。
で、自分で撮った写真よりも、良いものをカット単位で購入するようですが、
ほぼ全て購入する人がほとんどらしいのです。

私たちプロが撮った写真は、素人とは格段にレベルが違う

という自信の表れですよね。
カメラを構えると、子供は緊張して良い表情での撮影は難しいみたいなのです。
なので、カメラをずっと後ろに隠していて、
遊んだり話したりして、良い表情になった瞬間をパチリと撮影!
写真の撮影技術もさることながら、
良い表情を撮影する腕で差が出ているようです。

なかなか良いスタジオ探しは大変だと思いますが、時間を掛ける価値はありそうです。

スポンサードリンク

スタジオ探しから考えるビジネスの可能性

薄利多売か、高利少売のどちらか、二極化になると思います。
スタジオでの撮影は日本では年中行事に行うものなので、
日常的なものではないです。
なので、リピーターは難しく、新規客が多くなる傾向があると思います。
どこのスタジオもウェブサイトに凝り、
キャンペーンを打ちまくっているように見えます。
薄利多売です。

一方で、リピーターをつかめれば、相対的にとても利益率の高い
新規客を取らなくてもビジネスが回っていくという意味で)ビジネスになるので、
スタジオビジネスに重要な、
良いカメラマンのための人件費にお金をかけられ、
他社と差別化していけるようになります。

もし、リピートしてくれた顧客が口コミをしてくれたら、、
もう広告を打つ必要はありませんよね。
知る人ぞ知るスタジオで、知った時にはもう予約いっぱいで予約できず。
需要があれば、適正価格での販売が可能なので、
薄利多売の逆、高利少売ができます。

おのずと、高利少売のモデルが生き残っていきます。
僕たちも、これからはそういうビジネスモデルを行うことで、
より自分もお客さんも喜ぶビジネスが可能になると思います。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る