寝不足を解消する手のツボを押して体力回復!

この記事は1分で読めます

寝不足を助長する原因が多い現代社会

最近は、スマホアプリゲーム、インターネット動画など、
いくらでも夜更かししてしまう楽しいコンテンツが世の中に溢れています。

寝不足がもたらす悪影響

寝不足になると、集中力が低下します。
集中力が低下すると、仕事や勉強に悪影響があります。
それだけでなく、免疫力が落ちてしまうため、
肌荒れ・体の不調といった症状が出てきてしまいます。

また、寝不足が続くと自律神経が乱れ、
セロトニン(感情を安定させる働きがある)が減少し、
体は常に興奮状態になり、
偏頭痛や不眠症、うつの症状に陥りやすくなります。

寝不足の問題を解決するには、
グッスリと質の高い睡眠を取るのがよいのですが、
そう言っても睡眠を十分に取れていたら、
寝不足で苦労はしてないですよね。

なので、今回は寝不足の悪影響を最小限に留めるために
効果のあるツボをご紹介します。

スポンサードリンク

労宮(ろうきゅう)というツボを押しましょう

手のひらは、全身の疲れがたまります。
自律神経のバランスを整えるツボであり、
ここを刺激することで、
不眠の症状を改善できます。

また、心身のこりがほぐれてリラックスでき、
全身のパワーが回復します。

正しくツボを押さえるコツ

画像を見てみてください。

労宮(ろうきゅう)のツボの押さえ方

労宮(ろうきゅう)のツボの押さえ方

まずはツボの位置を確認し、
ツボの位置を指でたどりながら見つけ、
正しく押すことで、ツボを刺激してください。

寝不足の状態を定期的にチェックして、ベストコンディションを目指す

寝不足だと、ツボが硬く凝っていて、押すと痛みを感じることも。
寝不足に効くツボは安眠ツボでもあるので、押して痛みを感じる場合は、
体が睡眠を欲している証です。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る