退職金を受け取った。税金はかかる?それとも非課税?

この記事は3分で読めます

長年お仕事勤めおつかれさまでした。

これまでの仕事の頑張りの報酬として得た退職金、
実際に手元に残る金額はいくらなのでしょうか。気になりますよね。

死亡した場合は非課税対象になりますが、
多くの方は退職した時は生きているので、
所得税を支払う必要があります。

退職金は、勤続年数に応じた控除があります

計算式

退職所得金額

退職所得金額=(退職金-控除額)×0.5

この控除額は、以下で算出します。

控除額

勤続年数 控除額
20年以下 勤続年数×40万円(最低80万円)
20年超~ (勤続年数-20年)×70万円+800万円

※勤続年数に、1年未満の端数があれば切り上げ
※障害者になったことが理由で退職した場合は控除額に100万円プラス
※2カ所以上の会社から退職金を受け取るときは、控除額が違う場合あり

所得税率

課税退職所得金額 税率 控除額
1,000円から1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円から3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円から6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円から8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円から17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円以上 40% 2,796,000円

退職金の所得税額=退職所得金額×所得税率

で計算できます。

実際の退職金の所得税の計算

事例

・勤続年数26年11ヶ月
・退職金3000万円
の場合の所得税の計算です。

計算

1.控除額を計算

勤続年数=26+1=27年
(勤続年数に、1年未満の端数があれば切り上げ)

控除額=(27年-20年)×70万円+800万円=1290万円

2.退職金の所得税額を計算

退職金の所得税額=(退職金-控除額)×0.5×所得税率
退職所得金額=(3000万円-1290万円)×0.5
=1710万円×0.5
=855万円

所得税率は、
695万円超~900万円以下で、
所得税率23%
控除額63万6,000円
となります。

退職金の所得税額=855万円×23%-63万6,000円=133万500円

手元に残るお金がわかりました

3000万円の退職金で、所得税が133万500円
このケースでは、2866万9500円です。

スポンサードリンク

退職金の可処分所得、さて、このお金を使うか?貯金するか?

実際に退職金を手にすると、銀行や証券会社が寄ってきては、
「退職金の運用」を勧めてくると思います。

もちろん、運用次第では退職金の金額を増やすこともできますが、
逆に目減りさせてしまう可能性もあります。

なので、安易に運用を始めるの前に
一度立ち止まって考えて欲しいのです。

  1. 子供や孫に残すお金をどうするか。
  2. お墓を購入するか。
  3. 家や車など、ローンがどのくらい残っているか
  4. 病気や怪我などへの備えをどの程度考えるか

そうはいっても、それらを考えたら、
自由に使えるお金は少なそうだ。
と思う方もいるかもしれません。

もし、これらのことを考えず、
退職金を全額運用して失敗するも人生、
豪遊してお金を使い果たすも人生、
全額貯金や保険に当てて、怪我や病気での入院に備え、
残りのお金を子供や孫に渡すのも人生です。

色々な人生の形があると思いますが、
どのような結果になったとしても、
「こうなるはずではなかった」
ということが無いように、
考えられることは手を打っておいて欲しいと思います。

退職金の運用

さて、考えた末、
退職金のうち、自由に使えるお金が決まりました。
これからは年金の支給内容が悪くはなっても、
良くなることはなさそうですので、
堅実な運用をオススメします。

堅実に、1年以内に使うお金の運用

・退職金優遇定期預金

金融機関によって、金利は異なりますが、
おおむね1%台~2%台と、
通常の定期預金とは比べ物にならないほど、金利は高いです。
しかし、それぞれ預け入れるための条件があり、
また、まとまったお金を預ける場合に限られることが多いです。

まずはネットで、
「退職金優遇定期預金 比較」で検索して、
出てきたところを見てみてください。

ここで比較情報を出そうと思ったのですが、
金融機関の多くは、キャンペーンなどで
一時的に金利を上げているところが多く、
今時点での比較資料を出しても、時間がたてば意味が無くなります。
なので、まずはご自身で調べてみてください。

ギャンブル性強い、FX、株式投資などで運用

最近はインターネットで簡単に
FXや株式投資をすることができます。
なので、テレビなどのメディアでも、
FXや株式投資で大きく勝って、退職金を何倍にもし、
海外旅行などを楽しんでいるシニアが取り上げられています。

しかし、こういうメディアに出てくるのは、
成功した人が多いです。
たまに失敗した人が取り上げられますが、ごく稀です。

なので、成功事例に踊らされて始めるのもいいですが、
あくまで余剰資金で行ってください。
パチンコや競馬の類とまず同じと思った方がいいです。

もちろん、プロのトレーダーが
職業として取り組んでいるものなので、
完全なギャンブルではないかもしれません。
でも、もし本気で取り組むなら、
こういったプロのトレーダーと
やりあう覚悟がなければ負けると思います。

取り組むのであれば、まずは小さい金額で取り組み、
金額を大きくする場合は、相場の読みに自信がある時のみで、
大きくする場合も、余剰資金のみにしてください。

自分で先まで考え、お金の使い道を考える

退職金を詐欺で騙し取られる、などのニュースを見聞きします。
大きなお金を手に入れると、心が大きくなってしまい、
コントロールできずによく分からない投資をしたりしてしまうようです。

他人事ではなく、自分ごととして、
まずは自分でどうするのかを考えることで、
こうした事態を防ぐことができるかもしれません。

でも、今こうして僕が提示した運用方法を
イチから勉強して検討するのは面倒だと思われるかもしれません。
でも、そういう勉強、調査をすることでしか、
自分が自分のお金を納得できる形で運用することはできないのです。

僕は、こういう面倒なことをしっかり取り組むのに大事な、
行動力をつけたい方をサポートをする取り組みを行っています。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る