肩こり防止におすすめな座椅子の選び方

この記事は2分で読めます

引っ越してから、今の家にイスが一つも無いのです。
部屋が狭いので、イスを置くと圧迫感があるからなのですが、
同様の理由で机はちゃぶ台が2つ。
昭和な感じです。

でも、このブログを書いたり、勉強したりで、
四六時中パソコンとにらめっこしている僕にとって、
床に直に座ってデスクワークをするのは、正直しんどいんです。
なので、奥さんに「座椅子買うよ」宣言をしたので、

疲れにくくて(肩がこりにくくて)
あわよくば作業が捗る♪(← ココ大事★)
座椅子を探すことにしました。

実は座椅子は実家にあるのですが、
座椅子に座ると、肩がこるものです。
なんで肩がこってしまうのか、見ていきましょう。

座椅子では正しい座り方で座りづらい

正しい座り方とは

耳たぶ、肩、腰が、一直線になる座り方です。

この姿勢をするためには、
ひざが90度曲がっていることがポイントになります。

座椅子に座って、
ひざを90度に曲げるのは難しいですよね。

肩をこりにくくするには

骨盤をしっかり立てて座椅子に座ります。

背筋をピンと張るのが大事ですが、
この姿勢をキープするのは大変ですよね。
作業に集中できないし、疲れます^^;

骨盤をしっかり立てやすい座椅子を選ぶ

色々なタイプの座椅子がありますが、
骨盤をしっかりと立てやすいものを選ぶのが大切です。

■座椅子の選び方

というわけで、選び方を見てみましょう。
僕もこれから実際に買うので、真剣に調べました。

座面が広いこと

じっと座っているだけ、
という印象があるかもしれませんが、
実際は座椅子の上でも動いているもの。
なので、広いほうが座り心地が良いんです。

※座面が広いのは、確かにいいのですが、
正しい座り方をしやすい座椅子は、
あまり座面が広くないものが多いのです。

座面に厚みがあること

座椅子の骨組み部分が当たると痛いんですよね。
座面が広ければそんな心配もありません。

肘かけは無しで

肘掛けがあると、座ったり立ったりするのに
邪魔になるだけでなく、
座らなくても、座椅子の周りを歩いていると
肘掛けにつっかかって転ぶことがあるのです。

背中が座椅子にぴったりフィットすること

耳たぶ、肩、腰が、一直線になる座り方

を実現するために最大の重要なポイントで、
この点だけは譲れないです。

どうでもいい機能

リクライニング機能
回転機能

スポンサードリンク

おすすめの座椅子

この条件にあったものを調べてみました。
ご参考になれば幸いです。

こちら座ってみたのですが、
しっかり背中をサポートしてくれるのでおすすめです。

30分くらいしか座っていないので、疲れはでなかったのですが、
長時間座った場合の検証ができていないです。

税込 10,079 円(2014/10/11現在)
なので、価格的には中間程度かと思います。

気になる座椅子

座ったことがないのですが、
ネットで探している中で知ったものです。

これは、通常タイプとリッチタイプがあります。
リッチタイプにすると数千円アップするのですが、
通常タイプで十分かと思いました。

今すぐ座椅子を買えない場合の対処法

今すぐ買いに行けないとか
お金が無いとか
そんな場合の、今すぐできる対処法をご紹介します。

お尻を高くすることで、背筋を伸ばす

クッション、雑誌、毛布など何でもOKです。
これらをお尻の下に敷くと、あら不思議!
背筋が伸びるじゃありませんか。
これで、正しい姿勢に近づけることができますよ。

日頃からストレッチを行う

ストレッチをしていなくて体が硬いと、
猫背になりがちなんです。
なので、ストレッチをお風呂上りなどに行うことで、
背筋をピンと張りやすくなります。

いかがでしたか。
座椅子探しのご参考になれば幸いです。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る