失敗を引きずらない方法!

この記事は2分で読めます

1.失敗した原因を考えて突き止める。

その原因の解決策を考えて、
今度は失敗しないようにできれば、引きずらなくなると思います。

2.過去の大失敗を思い出してみる。

当時は大失敗と思ったことでも、
今振り返ってみれば、笑い話のネタになるようなこともありますよね。
今失敗したことも、何年かしたら思い出話になるものです。
そう思えば、くよくよしないで済みますね。

3.気分転換をする

ボーリングをする、カラオケで熱唱するなど、
気分転換は人それぞれですが、
体を動かすものが良さそうです。
また、美味しいものを食べるのも良いと思います。
気分転換は自分である程度パターン化ができるので、
良い方法をいくつかストックしておくことをオススメします。

スポンサードリンク

4.悲劇のヒーロー(ヒロイン)を卒業する

失敗して引きずるのは、「どうせ自分なんて・・・」
という気持ちがあると思います。
そういう気持ちで自分に酔うのもいいのですが、
その行動をした結果、自分が何かを得られるかというと、
何も得られないのではないでしょうか。
もうダラダラと自分に酔うのは止めましょう。
落ち込むのは例えば10分だけと決めて、
それを過ぎたら、後は失敗をしないように行動するのが一番です。

5.睡眠をとる

気持ちが落ち込むと、ストレスで心ももちろん、
体も疲れてくるはずです。
睡眠をとると、体力の回復と共に、
心も意外にスッキリとします。
体と心はつながっていますので、
しっかりと休憩、睡眠をとるのは、
自分がこれからがんばる気力体力の源泉になると思います。

6.完璧な人間はいないです

失敗をしない人はいません。
誰だってたまにはミスをするもの。
なので、今失敗したことに意識を向けるのではなく、
今後失敗しないような対策にフォーカスするようにしましょう。
僕は仕事上での大きな失敗がいくつかありました。
それでも仕事を辞めずにがんばれて来れたのは、
まずは失敗してしまった自分を受け入れて、
その上でできるベストな対策をどんどん出していったからです。

7.失敗は成功の母

失敗をすることを恐れず、チャレンジし続けるからこそ、
その先にある成功の果実を手にすることができるのです。
そう思えば、今の失敗は、成功へのマイルストーンだと
捉えることもできます。
そして、次のチャレンジも今までより気軽にできますね。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る