理想と現実のギャップの問題を解消する唯一の方法

この記事は3分で読めます

  • 理想: 自分が思い描いている、こうなりたいというイメージ
  • 現実: 今の自分の主観的なイメージ
  • ギャップ: 現実の自分と理想の自分の差

目標を決めて、
ギャップを埋めるべくかかる時間を決めて、
ギャップの解消に努力すると思います。

例えば、就職難で就職内定をなかなか取れない学生さんがいるとして、
理想と現実、ギャップについて考えてみます。

  • 理想:一流企業に就職
  • 現実:内定が1つも取れていない
  • ギャップ:一流企業の内定が取れるように頑張る

ギャップを縮めるように頑張りたいけど、
上記の内容だけだと、どう頑張ればいいかわからない。
頑張っても、差が小さくなっている実感がない、ということもあります。
実は、この理想と現実をもう少し細かく分解して考えることで、
ギャップを小さくするための方法が分かってきます。
 

本当の理想を把握する

 

自分の理想を知る

本当の理想って?

理想: 自分が思い描いている、こうなりたいというイメージ

今回の例:一流企業に就職
自分が思い描いている、という部分が、実はそうでないこともあります。

家族から期待されて一流企業への就職を勧められているのかもしれないし、
勝ち組負け組みといった世の中の風潮がそうなっていたり、
友人の就職活動の状況など、
色々な自分を取り巻く環境によって、自分の価値観が形成されていきます。
そうして、理想が作り上げられていくのです。

なので、理想は昔から決まったものがあるのではなく、自分で作り、変わっていくものです。
もしかしたら、三流企業であっても、良いのかもしれませんよね。
一流企業という場所・環境にこだわらずに、
仕事内容、自分が出す成果、将来世の中に与える影響などを書き出してみます。

  • マーケティングの仕事をして、
  • 製品の売れ行きを左右するカギを見つけ、
  • 将来は仕事で得たノウハウを元に世の中にマーケティングのメソッドを広める

などです。

もし一流企業に入れても、全く理想とは異なる雑務しかしない部門や職務内容に着かされたら、
やる気をなくしてしまいますよね。
こんなことをやるために就職したんじゃない、という気持ちになるかもしれません。

こう考えると、一流企業でなくても、三流企業であっても、
仕事内容によっては就職したくなるかもしれません。
自分が大事にしたいものが理想なので、
仕事内容優先で、キャリアを積んでいきたいとなれば、
そういう仕事ができるチャンスが多い会社を優先順位を高く受けていけばよいのです。

 

本当の現実を把握する

内定が1つも取れていないというのは、確かに現実ではあると思いますが、
これも細かく分解していきましょう。

まず、現実は、今まで自分がやってきたことの実績です。
実績であるからには、やった方法論・考え方や、実際のやり方があります。
それを書き出してみます。

例えば、
自分が見聞きしたことがある一流企業を大して調べもせずに洗い出して、
そこに同一内容の履歴書でエントリーしてきた結果、
内定が1つも取れていない。

という現実かもしれません。

 

本当のギャップを知る

内定が取れない状況から、一流企業の内定をとるために、
ということだけで考えると、どういう風にギャップを埋めたらよいか分からなかったと思いますが、
細かく要素を考えていくと、どうしたら良いかが、わかってくると思います。

そうであれば、対策も分かりやすいですよね。
上記の例であれば、

しっかり調査をし、
企業に合わせて履歴書をカスタマイズし、
エントリーに臨むということですね。

このように、現実を把握するためには、
細かく自分を分析する必要があります。
理想の把握の部分で、仕事内容重視であれば、
一流二流三流などとこだわる必要はなく、
内定を取れていないのであれば、
まずは三流から受けていき、
内定を取ることで自信をつけるというのも1つの手です。

 

問題解決をする

あとは、実際に行動するのみです。

 

成果に焦点を当てる

行動した結果、しっかりと成果を出す事が大事です。
オリンピックではないですが、参加することに意義があるのではなく、
成果を得ることに意義があります。

 

期限までに成果を出す

今回の例のような就職活動であれば、タイムリミットがありますが、
そうでなくても、きちんと期限を設けた上で行動することで、
一つずつ自分の課題をクリアしていき、自分を成長スピードを早めることが大切です。

この2つを実現するためには、
行動力をつけることが必須です。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る