食べものを厳選して健康になる

この記事は2分で読めます

食生活について、安いから、美味しいからという理由で何でもかんでも食べていませんか。
食べ物を厳選をしないことで不健康になってしまっていませんか。

食事についてはこのブログでもいくつか記事を書いていると思いますが、
大事なことは何を食べないべきかを決めることです。
ここは大事なポイントなので、もう一度言います。

何を食べないべきかを決めることです。

よく何を食べるべきかという話がされていますが、
食べ物は旬なもので、バリエーションを多く摂取することが健康に良いとされています。
食べるものを限定すると、そのバリエーションが損なわれてしまう可能性があるからです。
また、食べ物を限定すると、旬でない高い時期に、調達しづらい食べ物にこだわるあまり、食事が取りづらいなんてことにもなりかねません。

テレビや雑誌などで日々新しい食材の紹介や飲食店の宣伝が出ていますが、それらにあまり興味を持たなくなるレベルまで実践するのをおすすめします。
そこまでやっていくと、食事がルーチン化してきます。
食事に娯楽性を求める方には不満足かもしれませんが、その方にはこの記事は合わないと思います。

というわけで本題に入ります。

まずは3食すべてを管理しようとするな

完ぺき主義者が陥りがちなワナで、完璧を求めようと頑張って疲弊し、食事管理をやめてしまうパターンに陥らないようにしましょう。

じゃ、何から管理をするのか?

まずは間食から気にしてみよう

間食は食べるべきでない、というのは正論なのですが、
この記事をご覧の方は、現在もしっかり間食をしている方だと思いますので、
まずは間食をスナック菓子⇒栄養価の高く健康的な食材にするか、栄養価の低い健康的な食材にするか、どちらかを選びます。

栄養価の高く健康的な食材にする場合

ドライフルーツと、ナッツにします。カルディなどのオシャレな食材屋に行くと、豊富にバリエーションがありますが、近所のスーパーでも十分に揃えられます。

栄養価の低い健康的な食材にする場合

ガムやタブレットなどです。ところてんなどの寒天も対象になりますが、出先で食べづらいことを考えると、選択肢に入れないほうがよいでしょう。

これだけ?と思われるでしょう。でも、まずは間食だけでもコントロールされると、健康的になること間違いなしです。

今日はこのへんで。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る