敬老の日の最も効果のあるプレゼント

この記事は2分で読めます

敬老の日、僕も両親や、妻の両親も還暦を過ぎ、
敬老の日に何かいいプレゼントないかなぁ。と悩んでおります。
同じように悩んでいる方のために色々考えてみました。

プレゼント候補

食事

これは無難な選択です。
食事であれば、好き嫌いは身内なので分かっていますし、
もしご両親が普段外食することが少なければ、喜ばれると思います。

温泉旅行

時間的・金銭的なゆとりが必要ですが、温泉は嫌がる方は少ないですよね。
特に年配者には人気があります。
温泉宿も色々ありますので、検討の価値があります。

メッセージカード

これもオススメです。物を送ったり、食事をした時に、
一緒に渡すことができますし、
子供から親へのメッセージカードって、恥ずかしくて渡せないですが、
敬老の日というイベントを借りることで、抵抗が減ります。

商品(物)

満足度を得るには難易度が高いです。電話やメールなどで、
普段から会話をしておくことが大事です。
ストレートに、何が欲しいの?と聞いても、
「気を使わなくても大丈夫だから」
という返事が返ってくることが多いです。
自分の感覚ではなく、相手の立場に立って欲しいもの、
ということを考えてもなかなか思いつかないです。
商品選びが難しいのは、
欲しいもの(ニーズ)が分からないということに加えて、
もう1つ、大事な要素があります。

それは、「年寄り扱い」して欲しくないということです。
最近の年配者は、自分は若いと思っている事が多いです。
僕は電車で席を譲って怒られたこともありますし、
企業は年配者向けの商品に「シルバー」という言葉を使うと売れにくいようです。
なので、例えば杖をプレゼントするにしても、
おしゃれな杖にするとか、何かと気を使います。

スポンサードリンク

そこで思いついたのが、手作りの手形アート

手作りアート的な要素を入れた、
手形のメッセージカードは、
ユニークでおしゃれなプレゼントになるのでは、と思います。
どこにもない、たった一つのプレゼントですし。
お子さんがいる家庭にはオススメです。
お子さんとお父さんお母さんで作って送ってあげれば、
きっと喜んでもらえますよ。

手形アート例

敬老の日を活かして親子の絆を深める

どんなプレゼントが欲しいのか、
敬老の日をきっかけに、両親のことを想い、気にかけることが、
親孝行を始めることに繋がると思います。

何が欲しいのかを知るには、普段から会話が必要です。
僕は、結婚後家を出ているので、月に1回会うか会わないかという程度です。
電話は週一回程度していますが、それほど長電話をしないため、
近況は分かりません。
この状況では、欲しいものを推測することは難しいですよね。

もしかしたら、これをきっかけに、普段から会話の数を増やすのが
一番のプレゼントかも知れません。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る