普段使いのワイシャツはワイドかラウンドカラーを選ぶと良い理由

この記事は2分で読めます

ワイシャツの襟は大きく分けて5タイプに分かれます。
ここでは、5タイプを紹介するとともに、普段使いで使えるのはワイドとラウンドカラーですが、その理由も合わせてお伝えします。

襟のタイプは5タイプ

レギュラー

レギュラーカラーは、ビジネスや冠婚葬祭などのフォーマルな場でおすすめになります。
堅いビジネスをされている方は日常使いするワイシャツになりますが、民間企業で服装がある程度自由が利く職場に勤めている方には、あまり出番がありません。

ワイド

ワイドカラーは、優しい印象があります。ワイドカラーは、ボタンを外してもかっこよく着こなせるワイシャツですので、ノーネクタイでの勤務に適しています。スーツだけでなく、カジュアルな着こなしとして、ジーパンやチノパンなどとの相性も良いです。

ボタンダウン


クールビズやウォームビズで、ボタンダウンを勧めてくる店員さんがいたり、ネットショップでもイチオシしてくることがよくあるのですが、
あまりおすすめしません。
誤解を恐れずに言えば、ボタンダウンは、よほどのイケメンでもない限り、ボタンダウンが似合う人はいません。
サラリーマンが主人公のドラマなどを見てみれば分かりますが、主人公のイケメンがボタンダウンを着ていることは稀ですが、脇役の同僚役の俳優はボタンダウンを着ていることが多いです。
どうしても、ボタンダウン=普通という印象があります。良い意味でも悪い意味でも印象に残らないです。

クレリック


襟やカフス部分が白無地のワイシャツをクレリックといいますが、特徴の強いワイシャツだけに、何度か着ていると、同じシャツを着ているとすぐにわかってしまいます。なので、「また同じシャツだ」と思われたくない方には不向きです。
おしゃれなシャツが多いので、コーディネートに自信がある方は良いですが、
僕の場合はネクタイやベルト、靴などが気になるので持っていないです。

ラウンドカラー


ラウンドカラーはワイドカラーと比較しても、一番柔らかい印象を与えます。
相手に親近感を与える時に最適です。

ウイングカラー


結婚式などのフォーマルな場で使います。フォーマルな場に行く機会が多い方(地位が高い方や著名な方)などはよく使うシャツだと思いますが、僕のような万年ヒラのサラリーマンには縁の薄いシャツになります。

まとめ

おすすめは、ワイドかラウンドカラーです。

ラウンドカラーは、丸い形から、優しい印象を与えやすいので、おすすめです。
ワイドだと、フォーマルになりすぎずに、落ち着いた印象を与えます。
どちらも、幅広い年代の人におすすめです。
そして、色は白の一択!カラーシャツはできれば控えてください。
カラーシャツは、汗染みが目立つし、シワも目立ちやすいです。

 

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る