婚活パーティーで男性が着るべき服装のポイント

この記事は2分で読めます

婚活パーティ、僕も独身時代に何度か婚活をしていたので参加したことがあるのですが、
気になるのは相手の女性の前にまず自分の服装なんです。

第一印象がカップルになるかどうかに大きく関わる

見た目が9割、などの本が良く売れたように、見た目で好感をもたれるかどうかが決まってしまうようです。
実際に自分が異性に好感を持つかどうかを考えればわかりますよね。
まずは見た目勝負であることを意識するべきです。

自分が着たい服ではなく、相手に嫌われない服装を選ぶ

気に入られる服装を目指さない

洋服の好き嫌いは人によって大きく異なります。
世の中に溢れるブランドや洋服のタイプの数は無数にあります。
自分が気になる女性の好みは婚活パーティのような一期一会の場所では分からないですよね。
なので、まずは気に入られようとせずに、洋服が原因で嫌われないようにすることです。

清潔感、若々しく見える洋服を選ぶ

ここで疑問がわくはずです。
何をもって清潔感がある、若々しく見える服装であると判断するのか?
女性目線でのリサーチが必要になります。
女性目線でリサーチするには女性の雑誌を読みましょう。
ターゲットとなる女性層の読む雑誌を特定します。
ネットで検索します。

  • 保守的か、派手目であるか?
  • 年代は何十代か?

この2つの軸で自分のターゲットを特定します。
そして、その層が影響を受けやすいもの(主に雑誌などのマスメディアになると思います)を特定して、
そこに書いてある、恋人にしたい男性の理想の服装を真似するのです。

具体的に見ていきましょう。

例えば、保守系の20代の女性をターゲットにするなら、

「コンサバ 女性誌 20代」と検索します。

派手目であれば、

「ギャル系 女性誌 20代」と検索します。

ここで出てきたファッション雑誌で語られたり、雑誌に出てくる男性のファッションをそのまんま真似ればOKということです。
そうはいっても、簡単には実行できないという人がいると思います。

洋服を選びずらいのはどんなケース?

  • 雑誌に写っているモデルが、痩せているが、自分は太っているので、洋服を着れない。
    →痩せましょう。それが無理なら、太っている人が好きな女性にターゲットを変更しましょう。
  • 掲載されている服が高すぎるので買えない
    →稼いで買うか、似たような安い服を買いましょう。
    似たような安い服を買うには、安めの服屋(実店舗)で店員さんに雑誌を見せて相談するのが早いです。
    よくあるファストファッション系のお店に行くといいのですが、予めそのファストファッションのウェブサイトを見て、買いたい服と似たような服がいくらくらいで売られているか見てあたりをつけておきましょう。

世の中の当たり前に流されずに自分のスタイルを貫く

痩せていて背が高くて顔が良くて、、なんて条件に自分が当てはまっていたなら、この記事なんて読む必要はないはずですよね。
僕も含めてですが、そうでない人が洋服選びなどに気を遣う必要があると思います。
でも、世の中のテレビや新聞雑誌、ネットで書かれている一般的な「こうあるべき」というものに流されないことをおすすめします。
自分のスタイルを貫くことで、自分にあったパートナーが見つかると思いますし、無理に背伸びをせずにすみます。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る