残業代が出ないなら、残業せずに帰りますか?

この記事は2分で読めます

残業代が出ないという会社がありますよね。
違法ですが、それを通報すると、
自分が会社で居づらくなってしまうから、
文句を言えず、
帰らないで仕事をしている方もいると思います。

自分の今の会社での価値を考える

価値とは人との違いから生まれてくると思います。
人数が多い会社であれば、
部署名がついたり、肩書きがついたりしますよね。
そういう名前で、会社の中では区別されているということです。

例えば、○○製品部門の、マーケター、
という肩書きであれば、
○○製品について、マーケティング業務をする人、
という区別になり、
それをするために給料をいただく価値がある人、
という風に会社の中では位置づけられています。

その肩書きが、会社の中で、
重要であれば給料が高くなるし、
そうでなければ低くなります。
この価値というのは、絶対値ではなく、
会社の中での相対値(他の人との相対値)であります。

なので、他の会社や業界からみたら、
すごく仕事ができて魅力的な人でも、
現在の会社では低く評価されているということもありますし、
逆もあります。
お金だけがものさしではありませんが、
分かりやすくお金に関していいますと、
転職して給料アップした方は前者ですし、
ダウンした方は後者です。

自分が今の会社で働き続けるか、やめて転職するかを考える

今の会社で働き続けるなら
今の会社で働く目的を考えて、仕事をします。

もし、仕事をする上でのスキルアップが得られる、
人脈が獲得できる(ネットワークを広げられる)、
などのメリットがあるのであれば、
今の会社で働き続けるという選択肢もアリだと思います。
もし、何もメリットが見出せない場合は、
転職するのもよいと思います。

スポンサードリンク

自分が他の会社で雇ってもらえる人材になる

転職を考えるならば、
今の世の中終身雇用というのは
なくなっていくと思いますので、
いつクビを切られてもいいように、
世の中のニーズに対応できるような
仕事のスキルを磨いておく必要があります。

どんなスキルを身につけると良いのか

  • 陳腐化しないスキル
  • ニーズが枯れないスキル
  • 他の人がやらない希少性の高いスキル

この3つが大事だと思います。

陳腐化しないスキル

例えば、インターネットでウェブサイトを作成するスキルです。
これは、年々ウェブサイトの作成用ソフトが新しいものが次々と出てくるので、
一つ前のソフトなら専門家が1時間かかって作成できたものが、
最新ソフトなら素人が10分でできてしまう、
といったことが起こっています。
こういう状況になりそうなスキルはできるだけ避けた方が良いです。

ニーズが枯れないスキル

どんなビジネスも売上が立たないと継続できないですから、
営業スキルはニーズが枯れません。
営業スキルを身につけて、磨いていけば、
少ない労働時間で高い給料を会社に交渉できるかもしれません。

他の人がやらない希少性の高いスキル

例えば、弁護士とかでしょうか。
試験の合格率もすごく低いでしょうから、
なかなかなれるものではないですよね。

この3つの要素を兼ね備えたスキルを考えてみると、
例えば、クレーム対応を仕事にするのは、おすすめです。

クレーム対応の仕方などは
ある程度パターン化できる部分と、
対応は経験を積めば慣れの要素に分けられ、
経験の要素は『陳腐化しない』です。

そして、モノやサービスを売っている以上、
満足度が低い顧客がクレームをしてくる可能性は常にあるので、
『ニーズが枯れません』。

また、なんと言っても、
『他の人がやらない希少性の高い職業』ですよね。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る