パチッとこない静電気を放出する方法

この記事は1分で読めます

静電気は人体が何らかの原因で帯電し、
金属部分に触れる時に、
人体に溜まった電荷が放電するために、
パチッと痛い思いをします。

車や家のドアノブ、人の手同士、
など様々な場面で痛い思いをしますよね。

静電気対策方法

・帯電後の対策

ポイント:手で何かを触って、帯電した電気を逃がすこと。

  • 革の手袋を着用する。
    手袋を着用したままで、ドアノブなどに触れると、
    手⇒手袋⇒ドアと静電気が放出され、
    ゆっくり放電されるので、
    直接ドアノブに触れないので痛くないです。
    じわじわーと放電を感じることはあります。
  • 静電気除去用のキーホルダー等、
    グッズを一度ドアノブなどに触れてから、
    直に触れば痛くないです。
  • 車から降りてドアに触れる前に、
    地面(土でもコンクリートでも)を直に手で触る。
    これで放電できます。
  • 木の素材、壁のクロス紙に触れるのも効果があります。

帯電防止

ポイント:湿度を高くし、帯電しにくいものを着る

  • できるだけ帯電しそうな衣服は着ない。
    フリースは特に帯電しやすいです。
  • 帯電しそうだな、と思ったら、
    その前に金属部分を触りながら行動する。
  • 室内であれば、湿度を高く(60%以上)にすると、
    帯電しづらくなります。加湿器を使いましょう。
  • ハンドクリームや保湿液を使う手もあります。

スポンサードリンク

静電気対策グッズの注意点

効果アリ!:自分と触れる対象物の間にグッズを使う場合

自分⇒グッズ⇒ドアノブ
など、放電する際に、使うグッズです。

キーホルダー型のものが主流です。
キーホルダーを常に身に着けておけば、
放電したときに、いつでも使えるので便利です。

効果薄い:自分に付けるだけのもの

ネックレスやブレスレット、リングなど、身に付けるものです。
これは、空気中に放電しようとするものですが、
冬場は空気に電気が流れにくい季節なので、
効果はあまりないと思います。

静電気対策グッズは色々売られていますが、
まずは自分の手持ちのモノで
対策できないかを検討し、
それでも難しい場合は
グッズを購入されてはいかがでしょうか。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る