布団の効果的な干し方

この記事は1分で読めます

 

1.中綿の素材に合わせて最適な干し方をする

綿:2~3時間の日干し
ポリエステル:1~2時間の日干し
羊毛・羽毛:1~2時間の陰干し

2.干す時間帯と時間

太陽光線が一番強い時間帯を選んで干します。
春秋:10時~14時(1時間半)
夏場:10時~12時(1時間)
冬場:10時~13時(2時間)
太陽光線が強い夏場は短くて大丈夫ですが、
冬場は太陽光線が弱いので長く干す必要があります。

3.布団を乾燥させるための効果的な干し方

両面を干します。
1時間ずつ両面干せば完璧です。
寝ている時にかく汗はコップ一杯程度と言われていますが、
片面を干しただけでは汗は蒸発しないので、両面を干す必要があります。

4.天日干しできない梅雨時や雨の日の布団干し

・布団乾燥機をかける
※レイコップなどの布団専用ダニクリーナーは、布団干しの代わりにはなりません。

5.雨の日の翌日は干さない

前日の雨が水蒸気となって大気中を漂っています。
そんな中、布団を干せば、乾燥させたいにもかかわらず、
逆に大気中の水蒸気を吸ってしまいます。
これでは布団を干す意味がありませんよね。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る