もう振り回されない!パソコンのソフトウェアをガチで使いこなす方法

この記事は2分で読めます

こういうことは正直皆自分で方法論を持っており、
誰かに学ぶ類のものかどうかは分からないのですが、
もし悩んでいる方がいるのであれば、お力になれたらと思って書かせてもらいます。
ツールと一言でいうと、工具なども含まれてしまうので、
ここではパソコンで操作するソフトウェアのことに限定して話をします。

「自分にとって」、短時間で手間が少なく行える方法を選ぶ

「自分にとって」というところを強調したいです。
世間ではスゴいツールと謳われているものであっても、
自分にとっては使いづらいというものもあります。

なので、自分にとって使いやすいツールを選んでください。
そのためには、無料のお試し版を使うことをオススメします。

無料であるので、使うにあたって敷居が低いですし、
何より試して合わなかったらアンインストールすれば済むので気が楽です。

手間が少ないこと

操作回数に加えて、操作をするために拘束される時間、頻度のことを指します。

  • 操作回数:何回クリックすればいいのか、など操作の回数です。
    回数が少ないほうが、間違いも少なくなるし、実行されるまでの時間が短くなるのでおすすめです。
  • 拘束時間:1秒で済む操作であっても、それを30分おきに10回操作しなければいけないということであれば、全ての作業が終わるまでは、パソコンから離れることができなくなってしまいます。
    しかし、10分間操作をしなければいけなくても、その後丸1日操作が不要で、パソコンが自動的にプログラム実行し続けてくれるのであれば、
    後者の方が、トータルで操作時間は長くても、パソコンの前にいる時間は少ないので、おすすめです。
  • 頻度:一連の操作を何回行う必要があるのか、を指します。
    拘束時間と関連してきますが、少ないほうが良いです。
  • 精神的なストレス
    例えば、自分にとって新しい考え方や内容を学ばないと使えないツールがあるとします。その新しい考え方や内容が難しくて退屈で苦痛であるならば、使わない方が良いかもしれません。
    例えば、正規表現ということを学習すると、テキストの検索置換が簡単に行うことができるのですが、正規表現そのものを学ぶ必要があります。
    学ぶことが僕は楽しかったのですが、そうでない人の話を聞いたら「とても苦痛だ」と言うのです。
    人によって、ツールによってケースバイケースなので、まずは無料のお試しができれば、とりあえず取り組んでみるのが良いです。

使い勝手を統一する

学習コストという考え方があります。何か新しいものを習得するのにかかるコスト(時間や手間、お金など)のことをいいます。
このツールは無料なのでお金はかからないのですが、手間や時間を減らすためには、今までと同じ使い勝手を損なわないことは大事です。

ショートカットを統一

Ctrl+C:コピー
Ctrl+V:ペースト
などは共通だと思いますが、ツールによっては、こういう基本的なコマンドのショートカットが異なる場合があります。

そうすると、そのツールごとに、コピーやペーストの方法が変わると、
本来は何も考えなくても、条件反射でショートカットが使えるはずなのに、
いちいち立ち止まって思い出さなくてはいけなくなります。

これでは作業効率アップのために導入したツールで作業効率が落ちてしまうので、本末転倒です。
なので、そういう場合はツールのショートカットの設定をいじれないか確認し、いじれるようなら、自分のなれたショートカットに変更しましょう。

ボタンの配置を統一

ボタンの配置を統一することで、直感的に操作できます。
例えば、なじみのスーパーやコンビニの商品の配置を考えてみましょう。
僕のよく行くコンビニは、店内に入って、すぐ右に雑誌、新聞コーナー、左にレジがあって、店内の手前からお菓子、パン、おにぎり、お弁当、ジュース、お酒という感じで陳列されています。

もしこの配列が突然変わったら、戸惑ってしまいます。
同じように、ボタンの配置もツールが変わっても統一されていると、
直感的に、コピーしたいときはこのボタン、ペーストしたいときにはこのボタン、というようにスムーズに操作することができます。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る