ガラケーの意味・由来は?ガラケーから考える日本の強さ

この記事は3分で読めます

ガラケーとは、ガラパゴス携帯電話の略になります。

ガラパゴスは、ガラパゴス諸島の生態系の特徴からきている

ガラパゴス諸島とは

ガラパゴス諸島はいわゆる海洋島であり、大陸と陸続きになった歴史を持たない。そのような島では、在来の生物は飛来したか海を渡って漂着したものの子孫に限られる。また、多くの固有種が見られることが多い。

引用Wikipedia

なので、独自の進化を遂げた固有種と見られた日本の携帯電話のことを
ガラケーと呼んでいるのです。

なぜガラパゴス携帯電話といわれるようになったのか

今はスマートフォンが携帯電話の主流になっていますが、
スマートフォン普及する前は、そうではありませんでしたよね。
ガラケーの画像例
日本の携帯電話には、
おサイフケータイ、着メロ、赤外線通信、ワンセグ、などなど、
日本の携帯電話では当たり前の機能でも、
海外メーカーの携帯電話にはない独自の機能が多くあります。
こういう特徴(feature)のある携帯電話を、フィーチャーフォンと言っていました。

これに対し、海外の携帯電話は、電話とメールのみ、というのが主流でした。
これをベーシックフォンと言っていたのですが、

世界的な規模で見ると、
ベーシックフォンが大多数、フィーチャーフォンが少数派となり、
日本独自の進化を遂げた高機能携帯電話を、
ガラパゴス携帯電話と呼ぶようになりました。

日本だけ世界標準のベーシック携帯電話に比べて進化していったのか

日本と海外では、携帯電話の通信方式の違いがありました。
そのため、海外の携帯電話は日本には入ってこず、
日本の携帯も海外には出なかったので、
ガラパゴス諸島の生物が独自に進化していったように、
日本市場のみをターゲットにして、独自の進化を遂げたのです。
日本人って、改良や改善が得意なので、
日本人の強みを発揮して、より利便性の高い携帯電話として進化していったんですね。

スポンサードリンク

ガラケーは無くなってしまうの?

僕は2013年にガラケーを機種変更するために携帯ショップに行ったんですが、
店内の9割程度がスマートフォンで、
ガラケーは残り1割程度、隅っこに置いてありました。
もう無くなってしまうんじゃないか、と思ってしまいます。
ですが、そうでも無さそうです。

スマートフォンにしたら携帯利用料金が数倍になった!?

僕の両親が携帯ショップで機種変更の際に、
ガラケーからスマートフォンに変えたんです。
そうしたら、たいして使ってもいないのに、
携帯電話の利用料金が、
今まで月々3000円弱だったのが
月々7000円程度まで跳ね上がっていたのです。
スマートフォンでは、画面上に表示されていなくても、
勝手に通信をするアプリを入れていると、
本人が気付かないうちに通信をして、
最新の状態に保つようなアプリもあります。
それを阻止するためには、色々な設定があり、
両親には難しくてできていないようでした。

時代の流れに乗って、スマートフォンにしたけれど、
そんなに高額の料金を払うくらいだったら、
今までのガラケーに戻したい、
そんなニーズも多くなっており、
実際戻している人も多くなっているようです。

でも、もうスマートフォンの時代ですよね?

日本にもiphoneやandroidなどの世界標準の携帯電話が入ってきました。
日本のメーカーが作るスマートフォンについては、
ガラケーのような日本独自の機能が付いたものも販売されています。
それを、ガラパゴススマートフォン、略して、ガラスマと呼ばれています。

ガラケーのように、日本独自というのも多い

例えば、日本のおもてなし。礼儀正しさなどなど。
勤勉さもそうかもしれません。
我々日本人が気付いていない、様々な独自の進化を遂げたものが
沢山あると思います。

例えば、エアコン。
世界中に普及はしているものの、ついこの間までは、
温度調節機能は日本製のものが優れていました。
インバーターエアコンというものです。
http://www.daikin.co.jp/csr/information/lecture/act01.html

炊飯器や電子レンジ、その他様々な白モノ家電は、日本独自に高機能化した製品が多くあります。

なぜ白モノ家電が独自進化していったのか

もともと日本は、資源が乏しく、その中で経済成長をするには、
資源を輸入して、加工して製造販売するということを行っていました。
それにより、加工して外国製品にはない付加価値をつけることで、
独自進化が加速したのではないかと思います。
今後も、このように独自進化を遂げたガラケーのように、
日本ローカルでの進化をしていくことで、独自の文化を創っていくことが、
外国との差別化、高付加価値化をしていき、
日本、そして日本人が世界の第一線で活躍していけるように願っています。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る