基本姿勢をマスターすればハウスダンスは上手くなる

この記事は2分で読めます

なぜたくさん練習をしても上達しない生徒さんがいるのか

いくら振り付けを教えても、上手く踊れない生徒さんがいたんです。
なんでだろうーなんでだろー?
と考えていたんです。
分かったことは、ハウスダンスの基本姿勢をマスターができていないということでした。
レッスンを通じて、上達の登竜門が基本姿勢だと気付いたんです。

基本姿勢をマスターする方法

基本姿勢は以下のポイントをキープすることから始まります。
まずは、真っ直ぐ直立の姿勢になり、真下を見ます。
そうすると、自分のつま先が見えると思います。
それで、以下を行ってください。
1~5を全てキープすることが大事です。)

  1. 胸を張る(背中を反る)
  2. ヒザを曲げる
  3. お尻を斜め後方に引き上げる
  4. かかとを上げる
  5. 顔を正面を見ます。
ハウスダンス基本姿勢の図

これが基本姿勢になります。すべてのパーツをキープしてくださいね

この状態で、真下を見ると、つま先が見えていないはずです。
そして、ヨロヨロと立っている姿勢が不安定になり、
後ろからツンツン押されると、前に倒れそうになります。
これが正しい基本姿勢になります。

基本姿勢をキープしながらステップの練習

基本姿勢自体はできるけれども、
ステップを踏み出した途端に
基本姿勢が崩れてしまうという生徒さんがほとんどです。

僕も昔はそうでした。
ではどうしたらステップを踏みながらも基本姿勢をキープできるのか。

ステップをしながら練習をする際に、
歩幅を小さく、動きをゆっくり!2ステップ』で練習しましょう。
これがポイントになります。

歩幅を小さくする意味

歩幅が大きくなると、体のパーツを動かす幅が大きくなります。
基本姿勢から動かす幅が大きくなるほど、姿勢が崩れてくると考えてください。

基本姿勢を学び始めたばかりの方は、
まずは自分の片足分の幅だけステップをするなど、
歩幅を小さくしてステップの練習をしてください。

スタジオの床によりますが、ラインが引いてある場合は、ラインを参考にできます。

動きをゆっくりにする意味

ハウスダンスはハウスダンスミュージック(BPM120以上のリズムの曲が多い)で踊るダンスです。
このリズムに合わせて、いきなり早い動きで練習をすると、動きに追いつけないと思います。

なので、焦らずに、基本姿勢を崩さないように気をつけながら、
ゆっくりとステップを踏む練習をしてください。

2ステップで練習する意味

3ステップなど、複雑なステップを使って、基本姿勢の練習をしてしまうと、
ステップの複雑さに気を取られてしまい、基本姿勢が崩れてしまいます。

2ステップはとてもシンプルな動きなので、
このステップで最初は練習をするといいでしょう。

基本姿勢をマスターするのにかかる期間

僕は半年くらいかかりました。
ただし、ここまで丁寧に教えてくれる先生がいなかったので、
もし、ここに掲載されている方法を毎日実践してくれたなら、
2ヶ月程度でマスターできるのではないかと思います。

スポンサードリンク

レッスン受け付けています

僕もハウスダンスの基本姿勢は
レッスン後に先生に直接質問をして教えてもらって
やっと出来るようになりました。

普通にダンスレッスンを受けているだけでは、
なかなか教えてもらうことができないと思います。

僕の生徒さんは初心者の方が多いのですが、
基本姿勢をマスターされた生徒さんは
色んなステップや振り付けを踊りやすくなるだけでなく、
ステップの踏み方がかっこよくなるのです。
おしえるまなべるより受け付けております。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ジェフリー
    • 2015年 9月18日

    基本姿勢は大事だと分かっているけど、マスターするのは難しい。
    友人が先生から習っていたので、レッスン申し込みしたいんだけど、
    教える学べるから申し込む以外に方法はある?

      • kei3
      • 2015年 9月20日

      ジェフリーさんコメントありがとうございます。
      直接こちらのサイトのお問い合わせから、御連絡いただければと思います。
      基本的にマンツーマンレッスンになりますので、
      人の目を気にせずにレッスンを受けて頂けます。
      ご検討をよろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る