雑誌が無料で読み放題のおすすめアプリ(有料アプリとの使い分けのコツもご紹介)

この記事は3分で読めます

雑誌が無料で読み放題のアプリ一覧

Fujisan reader

635716082536896483

パソコン、iphone,ipad(ipod touchでもOK)、Androidで閲覧可能です。
インターネット回線に繋いで利用するものですので、ネットに繋がっていないと読むことができません。

一冊ほぼ丸ごと見れるものが一日数冊追加されるコーナーと、
そして、リアルタイムに発行されている雑誌の
数ページ~数十ページを立ち読みできるコーナーがあります。
アプリを通じて雑誌購入ができます。
Fujisan reader

週刊誌まとめ!全紙無料!(全紙無料読み放題)

635716087453367689

雑誌の紙面そのままが読めると思ったのですが、
そうではなく、ウェブ上にある雑誌の記事のテキスト情報の1ページ目のみ、
ダイジェストのみアプリ上で
実際はウェブサイトへのリンクになります。
複数の雑誌のインデックスとして活用することはできます。
でも、僕だったら、FeedlyなどのRSSリーダーを使ったほうが便利だと思います。
RSSリーダーであれば、自分で収集するサイトを自由にカスタマイズできるので。

週刊誌まとめ!全紙無料!

紙の雑誌に代わって電子書籍の雑誌が出てきました

多くの雑誌が売れ行きが厳しく、休刊に追い込まれている状況で、
各社電子書籍化した雑誌の発行も始めています。
紙の雑誌なら、書店で立ち読みができますが、
(書店によってはビニールにくるまれていたり、
紙紐で縛っていたりして読めない場合もありますが)
立ち読み機能を使って、雑誌の立ち読みに近い体験ができるようになりました。
僕も電子書籍の立ち読みはしているのですが、
電子書籍の立ち読みはページ数とページ位置が限られています。
紙の雑誌と違って、立ち読みしたいコーナーが見れない場合が多いので、
実際に見たいコーナーを立ち読みできたことは少ないです。

無料で読み放題アプリが出てきた背景

フリーミアムのビジネスモデル

フリーミアムという言葉を聞いたことがありますか。
最終的に商品を買ってもらうために、
まずは商品をタダであげて、体験してもらい、
満足してもらったお客さんは、
次回は有料で商品を販売するというビジネスモデルです。

フリーミアムでも収益を上げるのは難しい

例えば、創刊号を無料で配布して、2号目から有料で販売したとしても、
世の中には他にも色々な無料雑誌が配布されています。
よほどその雑誌特有の情報が載っていたり、
独自の切り口での情報が無ければ、買ってもらうのは難しいです。
ちなみに、僕は電子書籍では雑誌を購入したことがありません。
フリーライダーというタダで手に入れるだけの人がいます。
このような人にだけ無料の創刊号が読まれて、
他の号は購入されないというパターンが多くなってしまいます。

広告モデルの導入

そこで、無料で読ませる代わりに、
電子書籍をアプリ上で読んでもらい、
アプリの隅に広告を表示させ、
広告の表示枠を企業に売って、
広告収入を得るというケースが多くなってきました。
こうすれば、無料で雑誌を読みたい読者のニーズにも応えられ、
雑誌読者に認知させたい企業のニーズも満たせます。

広告モデルを使ったアプリが乱立

このような広告モデルを使ったアプリが多くでてきました。
アプリによっては、同じ雑誌を読めるようになっているので、
(雑誌の発行企業が複数のアプリの発行企業と契約しているためと思われますが)
より多い雑誌数を読めるのが良いという風潮になっています。

フリーミアムが有効な雑誌の種類

このようなフリーミアムのビジネスモデルが流行っていますが、
このモデルが上手く機能して売り上げを伸ばせる雑誌の特徴は、以下のものだと思います。

即時性がある雑誌

例えば、投資アドバイスの雑誌だったり、
期間限定の情報が載っている雑誌(例えば、東京ウォーカーなど)

店頭で売っていない雑誌

入手しようにも、店頭になければ雑誌の立ち読みができないので、
必要であれば購入するしかありません。

無料で読む雑誌と、購入する雑誌を上手く使い分ける方法

無料で読めばよい雑誌

無料で読めば良い雑誌は、息抜きに読む雑誌です。
僕であればファッション誌だったり、週刊誌ですね。
そこから特に、仕事の情報を得ようとは思っていません。

購入する雑誌

仕事や自分の収入に直結する情報が載っている雑誌です。
そして、即時性で、時間が経つにつれて価値が下がっていく情報を掲載しており、
その情報自体に発行日現在で価値が高い雑誌です。

例えば、株やFXなどの投資情報(銘柄アドバイス)などですね。
2015年7月現在、株価が若干上値が重い展開ですが、
まだまだ投資余力はあると思っています。
世の中も投資ブームに沸いていますので、
こういう状況では、皆新鮮な投資情報を求めています。

そんな中で、1ヶ月2ヶ月遅れで無料で投資情報を見ることができても、
その情報で得られる価値は低くなってしまっているのです。

最終的には個人の判断

今は僕はファッション誌は息抜きで読んでいますが、
例えば洋服のせどりを行っている人にとっては、
ファッション誌は仕事の情報収集源になりますよね。
なので、購入する部類に入ると思います。
個人個人で判断をしてください。

自分にとって重要な雑誌の区別の仕方

書いてあることが理解できること

読めれば良い知識やノウハウが得られたとしても、
今の自分のレベルが低いために、
あまりにも難解な内容で理解ができなければ購入する意味がありません。

自分にとって、少しレベルが高い内容がかかれていること

良い情報源であるけれど、今の自分にとっては、
少し背伸びをしないと読みこなせないもの、
そんなレベルの雑誌がちょうど良いです。
自分がその雑誌を読んで、今までよりも少し成長できる、
そんな雑誌が見つかると最高です。

答えでなく、考え方を教えてくれる雑誌

ずばり、自分の疑問点や知りたいことに応えてくれている雑誌
(ノウハウ系の雑誌など)はとても有用ではあるのですが、
できれば、考え方を教えてくれる雑誌が自分が成長するには良いです。

少し値段は高めになりますが、
ハーバードビジネスレビューなどのビジネス系の雑誌などは良いと思います。
ESSEなどのノウハウ系の雑誌はすぐに知識を得られるのですが、
そこから自分の考えの幅を広げるのは難しいかなと思います。

お名前(苗字のみ)
メールアドレス



スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

自己紹介

みなさま初めまして。けいたろうです。

これまで自分で試してきた方法の中で、行動力を高める方法やマインドを教えます。

詳しくは、自己紹介をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る